サラゴサ  スペイン内陸の観光の穴場か!?

バルセロナからサンセバスチャンに向う途中、電車乗り継ぎの間に、荷物をホテルに預けるためだけに一旦立ち寄ったサラゴサ
c0125105_1150344.jpg



ちょうど週末にさしかかるところで、日曜はサンセバスチャン市内はお休みが多い一方、サラゴサは営業している店も多い(何の店かは知らんが)という情報。
既に旅程はサラゴサが土曜、サンセバスチャンが日曜となっていたところを入れ替え。
サンセンバスチャンへの電車乗り継ぎで3時間あったため、駅前のホテルに「チェックインは明日だけど、今日はもちょっと先へ行くので、荷物だけ預かって!」と頼んだ。
c0125105_11501247.jpg
ちょっと前に万博があったため、駅舎だけはやたらデカイ。

サンセバスチャンを昼過ぎに出て、夕方舞い戻ったサラゴサ。
ガイドブックにもたいして取扱がないため、殆ど期待してなかったのだが、カミさんが旧市街の方に行ってみようと言うので、バスを調べてでかけた。駅前のホテル近くから、52番のバスでまっすぐ。

c0125105_11554527.jpg
段々と夜の帳が下りる中、地図を睨みながら辿り着くと、そこは
c0125105_11573399.jpg


バルセロナともまた違う、ちょっとイスラム風な香りのする街
c0125105_11582544.jpg
c0125105_11585517.jpg
c0125105_1159754.jpg
c0125105_11592722.jpg
c0125105_11595228.jpg
ピラール聖母教会というのだそうだ。アラゴン王国時代の建築とかで、中にも入ったが(撮影禁止)、ステンドグラスは全くない代わりに、天蓋が二重三重になった荘厳な祭壇があって、ミサもやっていた。とにかく、こんなに美しい夜景を見たのは久しぶり。夜の市内見学、大アタリであった。


お腹も空いたのでレストランかBARを探したが、夜も更けていたので良いのが見つからず。
c0125105_1241530.jpg

こんな「SAKURA」なんて名の日本食屋もあったが、近づいて見ると
c0125105_1243673.jpg
『グリルした肉に特化した』・・・?・・・?特化した何が出てくるのだろう?
『新鮮なフルーツやチョコレートの液体』は食べないからイイのだが、グーグル直訳系翻訳メニューを堂々と掲げている時点で 引いてしまった・・・
結局この晩は、ハモンイベリコ・ベジョータをグラム買いして、ホテルでパンと赤ワインをいただいたとさ。
  >これがまた、めっちゃ美味かったんだけど・・・
そうそう、帰りのバスでは、バス停に、「あと何分で何番のバスが来るか?」表示が出てるのに感心した。日本よりよっぽど進んでるゼ!
c0125105_12105226.jpg
小生の乗る52番バスは、いちばん下に「あと8分」と表示とされている。

翌日は夜明けを見ながら活動開始。
c0125105_1212592.jpg
c0125105_12123583.jpg
日曜のせいか、バス停では結構、人が乗ってくる。昨夜と同じ旧市街に。その前に腹ごしらえ、と思ったら、大きな市場がトラムの停留所のすぐそばに。
c0125105_1238162.jpg
c0125105_12145897.jpg
c0125105_12373713.jpg
中には肉屋・果物屋・乾物屋・花屋・魚屋・・・
c0125105_12343928.jpg

肉屋では、生皮を剥いだ状態のマルっとウサギちゃんとか、ブタの「生首」(こっちでは耳を唐揚げにしたり、頭全部すりつぶして料理に使うらしいから)とかあって、ちょっと衝撃的!こっちが驚いてたら、店員が帽子かぶせたりメガネかけさせたりして「写真撮れ!」てなことを・・・
c0125105_12214815.jpg
このブタ、まだ目がついたままだったんだけど・・・
市場内に飲食店がなかったので、聖母教会前の広場に面したBARでひと休み。
c0125105_12351681.jpg
c0125105_12353589.jpg
c0125105_1235533.jpg
カウンターに見えたポテトがおいしそうで注文したら、2人分のコーヒー&クロワッサンと同じ値段してビックリしたが、ウマカッタ。

昼間の聖母教会はこんな感じ
c0125105_12391816.jpg
c0125105_123932100.jpg

脇にあるインフォメーションのある塔に上ると、良い眺めも楽しめた。
c0125105_12414480.jpg
c0125105_1242657.jpg

c0125105_12422472.jpg


c0125105_12425235.jpg
c0125105_12431021.jpg
c0125105_12432547.jpg
c0125105_1243415.jpg
c0125105_1244118.jpg
c0125105_12444935.jpg
とにかく、建物が興味深い。

お昼に入ったBAR『TEXAS』
c0125105_12494913.jpg
SEX SHOPのすぐ隣というのが何とも・・・・・・でも、食い物はどれも結構イケた!
c0125105_12452580.jpg
c0125105_12455961.jpg
c0125105_12463194.jpg
c0125105_12465079.jpg
このポテトのニンニクと何かのクリームがけは、オヤジのオススメだったのだが、不味くはないが、辛からず、甘からず、しょっぱからず、形容しがたい不思議な味だった。
c0125105_1247938.jpg
何で店名がテキサスなのか、全く英語を解さないオヤジだったのでわからずじまいだったが、人懐っこい人柄で写真もパチリ!
c0125105_12525453.jpg

新聞・雑誌などにも載った店らしいので、それなりの店だとは思う。
機会があればどうぞ・・・
c0125105_12533374.jpg


c0125105_1256328.jpg
c0125105_12564341.jpg
ゴヤの町、サラゴサ。治安も特に問題なく、ちょこちょこっと1日で観て回れる感じで、気に入ったな。

昼遅くのRENFEでバルセロナに戻る道すがら、外はこんな乾燥した景色・・・
c0125105_1257250.jpg
c0125105_12571167.jpg


この日の夜は最後のバルセロナ。
翌朝のフライトが早いからと空港近くのホテルに泊まったが、不便なところで30分に1本のシャトルバスで空港と往復しないと、タクシーでは30ユーロもとられる状態だった。
で、AERO BUSでカタルーニャ広場まで出かけたが、電話したらバルセロネータのペスヴェラ・チリンギートは予約で満席・・・・・・

しかたなくレイアール広場の『マリスコ・レイアール』に挑戦。
c0125105_1341517.jpg
屋内席は空いていたので、素材を選んで・・・
c0125105_1345380.jpg
c0125105_1352942.jpg

注文したのはオマールのグリル
c0125105_136317.jpg
にツナサラダ
c0125105_1363495.jpg
スズキのグリル
c0125105_1365821.jpg
それに、ここのオススメだというイカスミのパエリア
c0125105_137285.jpg
c0125105_1375224.jpg

これで満腹!白ワインもおいしかったし。
この後、さっさと空港までまたバスで戻り、シャトルに乗り換えて、ホテルに帰りましたとさ。
これで今回のバルセロナもオシマイ。

by ohayontaro | 2013-09-28 13:09 | Comments(0)