ル・マンテストデー 小ネタとか…

テストデーは、とにかく天気がコロコロ変わるので、タイヤ選定と切替タイミングの見極めには非常に役立ったようである。
トヨタ遅いじゃねえかって?




はい、否定しませんよ。
こっちだって去年よりラップ2秒速くなっているんだけど、ライバルがもっともっと速くなってきた、ということで。
真剣度合いはヒケをとってないけど、敵さんの金のかけようは半端ないと聞いているからね。
そこを今更どうこう言っても仕方ないけど


パワーアップしたり、新機構を追加して速くなっているということは、どこかに無理が出たりするのが世の常。
その潰しこみができていないとリスクは大きいから、生き残りゲームではどうなるか?
今年のル・マンは面白いと思うな、ウン。


ところで、テストデーの集合写真撮影時に、ツラツラ見てたら気がついたものがいくつかあるので、ここにとどめておく。

①Audi Porsche Toyota 3車のフロントスクリーン形状
3台が並んで初めてよくわかったが、
Audiは、意外にルーフが平たく、フロントスクリーンも立ち気味
c0125105_0491098.jpg


Porscheは、ルーフが丸く、狭く、それなりに傾斜がきいてるフロントスクリーンとつながりが自然
c0125105_0493993.jpg


Toyotaは、ルーフは平たさも、幅も、フロントスクリーンの傾斜も、AとPの中間くらい。
c0125105_050839.jpg


こんなところにも、何か車両の特性との相関関係があるようで面白い。


①Audi Porsche Toyota 3車のミラー形状

Porscheは、とにかくデカイ。いかにも後方が良く見えそう。位置は高い。
c0125105_0504654.jpg


Toyotaは、普通サイズで位置も中くらいの高さ。

Audiは



c0125105_0422224.jpg



無くなっちゃった…








わけじゃなくて、フェンダーカウル内臓タイプになったのである。
c0125105_048241.jpg

(後ろからの写真、撮り忘れた!)
でも、この高さで後方見えるのかな~?   アンドレに今度聞いてみよっ!



あー・・・・・・・
日産ね・・・・・・
やはり異様なプロポーションだったな。
c0125105_141758.jpg

FFだから、前が長~んがっ!
c0125105_134476.jpg

ミラーの位置もキャビン後方の形状も、独特。
c0125105_15479.jpg
c0125105_153544.jpg

リアなんか、覗き込んだ人が言ってたけど、


ホントに前が見える…!!!
そりゃぁ風通しは良いこったろうな、なんて思ってたら、最高速はホントにイチバンだった!
コーナリングが苦手のようで、全体のラップタイムとしてはLMP1グループより20~25秒落ち
 ってとこだったが。   >ダウンフォースも忘れないでね!
LMP2の方がラップで速いというのがちょっとまずいんではないかと…
同じ日本車同士、頑張りたいところではあるが。


おまけ


コース脇のコンクリートウォール、所々に穴があいてる。
c0125105_194549.jpg



緊急時とか、コース上に入った人が容易に外へ出られるように「足場」にしてあるんだな。





富士スピードウエイにもあったっけかねな?
これも今度聞いてみよう。
これはアンドレじゃなくて、新社長に。
[PR]

by ohayontaro | 2015-06-03 01:12 | Comments(2)

Commented by tokusan at 2015-06-10 14:35 x
最近の「世界選手権」、日本対ドイツという構図。F1ではホンダがベンツ相手に頑張っている。(まだ結果はでていないけど・・)WECではトヨタ、日産がポルシェ、アウディに対し奮闘している。ある意味、ワールドカップのようなもので、私は日本を応援したくなります。トヨタ党でありながら、やはり日産にも頑張って欲しいのです。車づくりはやはり、NISMOが主体となって行ってほしいな~。今年のル・マンはトヨタにとって忍耐の戦いになりそうですね!60~70周で周回遅れになるかもしれませんが、一喜一憂しないでしたたかに戦ってください。
Commented by トヨタファン at 2015-06-10 17:17 x
いつも楽しく拝見させてもらっています。
今年はアウディ、ポルシェの伸び代が大きくトヨタが速さで厳しい状態になっているのですね。
その厳しさを去年、アウディやポルシェはトヨタに対して味わっていたからこそここまで伸びてきたのかもしれませんね。
今年のルマン天気予報では今の所スタート/ゴールの数時間以外は雨予報です。ドライでのマシンの速さでは負けても、雨がらみとなるとまた異なる展開となると思います。
「人事を尽くして天命を待つ」ではありませんが、最後まであきらめずに戦ってください。応援しています!