カテゴリ:未分類( 1374 )

2017年に思うこと

明けましておめでとうございます

と言っても今日は既に3日。
御殿場勤めになってから、浮世事への興味が急速に薄れてきた、というわけではないが、自分が今まで働いていた環境への関心というか、懸念というか、そういうものがなくなってきているのは事実。
なので、よほどのことがないとブログのネタにしようと思わなくなってきているのである。
イカンイカン。

明日から仕事始め。
余計なことは考えず、自分の目の前にある仕事を一生懸命にやるだけ。
ケ・セラ・セラ!
c0125105_122972.jpg

[PR]

by ohayontaro | 2017-01-03 12:29 | Comments(0)

久しぶりの劇的勝利!

可夢偉、本当によく頑張ってくれた。ハラハラしたけど、可夢偉ならきっとしのいでくれると信じてた。
感動したし、これだからレースはやめられないな、とも思った。
で、遅くまで後片付けとかやった後、夜中の東名を飛ばして帰宅。
これからスペイン方面への個人的出張⁉︎
c0125105_08575533.jpg
c0125105_08581342.jpg
c0125105_08583882.jpg
c0125105_08585584.jpg

[PR]

by ohayontaro | 2016-10-17 08:54 | Comments(0)

今年は主催者側のWEC富士

今日は予選日。ドピーカン!暑いくらいのFSW。
トヨタがフリー走行3回目はトップタイムだったけど、予選はヤッパリポルシェかな?
常にロングを想定してるからレースになるとトヨタが強いとは言うけど‥‥‥。
c0125105_11253534.jpg
明日は曇りだから、路面温度が少し低くなるだろうけど、何とか優勝できると良いなと思います。
もうチームの人間ではないので、小生は密かに応援するのみ。
c0125105_11250417.jpg

[PR]

by ohayontaro | 2016-10-15 11:17 | Comments(0)

ポケモンGO・・・・・・

小生は、極めて俗物的かつ世俗的な嗜好の持ち主で、どちらかというと感性も「軽い」方だと思う。
流行りモノには弱く、大衆心理、群集心理のど真ん中にいる存在であると、思い知らされることが多い。

今日も、所ジョージのCMにつられ、「ジャンボリオン」を買える金額が当たる宝くじを買ってきたところ。
記念〇〇とか、限定ナニナニとか、大好きで、オークション用に2つ買ったものの、結局転売できずにタンスのコヤシにすることも度々・・・
例えば、古くは「たまごっち」・・・
ラピタという今は無き趣味系雑誌の限定トミカ2000GTや新幹線0型のNゲージ・・・
サザンの30周年記念初回限定CD・・・などなど・・・
そんな小生であるから、新しいもの、世の中の皆が騒ぎ立てるものには基本的に反応する。

ポケモンGO・・・
22日(金)に配信開始となったのであるが、何故か小生、これだけはあまりに危険なニオイがして、手を出していない。

理由?


一人の人間としての、「最後のプライド」が、これに手を出すのを許さないのである。
これをダウンロードしたら、当然はまり込む自分がわかっている。

日本での配信に先立ち、アメリカで大変な騒動になっているのをニュースで観た。
立ち入り禁止区域に入ったり、クルマの運転中にやって事故を起こしたり、全く常軌を逸した行動に陥らせてしまうほどの魅力があるソフトに違いない。
言うなれば
悪魔のゲームソフト
である。

歩きスマホが問題視されている日本
それでなくてもマナーの悪い自転車が多い日本で、これをやりながら走り出す輩が出てきたらどうなる?
赤の他人が自分の敷地に大勢集まって来ることの恐怖は?
高い橋の欄干の外にポケモンがいたらどうする?
線路の中にポケモンが出たら?
急流の岸辺にいたら?
交差点の真ん中に出ないという保証はあるのか?

小生はシステムのロジックを知らないのでこんな心配をしているが、現に違法行為に手を染めている人がさまざまな問題を起こし始めているのを、配信からわずか3日後のニュースでやっているではないか

ゲームソフトで愚かな群集を煽動することなど、今やたわいもないことなのかも?
これを配信したらどうなるか、予見できなかったとは到底思えないので、任天堂がいっぺんに大嫌いになった。

民衆をあやつるようになって、神にでもなったつもりか?と言いたい。

喜々としてこれをやる人達を愚かしいと見る自分に対して、それはちょっと違うだろう、とも感じている。
自制心を持ってこのゲームをやっている人も、いっぱいいるだろうから。
でも、ほんの一握りでも、危険行為を犯すバカな野郎がいるのも事実
そのあたりを考慮したのであれば、良心のある企業ならこんなものは開発・配信しなかったであろうと。

既に任天堂株はストップ安でと言う。


このブームは、一瞬で過ぎ、


まだポケモンGOなんてやってるの?ダッセー!
という日がすぐにやって来る気がする。

日本人は飽きやすい

このゲームが廃れる日が待ち遠しい。
それまでは生き残ってやる・・・
[PR]

by ohayontaro | 2016-07-25 23:36 | Comments(0)

久しぶりの投稿ですが

ネタは古いです。
今年のル・マンの話ですからね。

今年はチームの一員としてではなく、サーキットの人間としての視察でル・マンに。

扱いが異なると、こんなにも見えるものが違うのか、と驚き!
観戦ポイントは、コントロールタワーの4階。
バルコニーから見たコースは、こんな感じ。
c0125105_22154534.jpg

西側のバルコニーからは、最終コーナーからフォードシケインが、こんなにクッキリ見えた。
c0125105_22165099.jpg
c0125105_2217484.jpg


話は変わるが、今年はずいぶんとセレブがやってきた。
これは、ドライバーパレードに現れたジャッキー・チェン。
c0125105_21341899.jpg


それに、スタートフラッグを担当するブラピもやってきたし。

これは、グランドマーシャルのアレックスとスタート進行を待つブラッド・ピット
c0125105_21375658.jpg


実はブラピ、オフィシャルディナーにも登場…
c0125105_22243169.jpg
c0125105_2224439.jpg
c0125105_22245541.jpg
この直後、いきなり目の前に現れたブラピが、「Thank you!」と言って手を差し伸べてきて、何と握手をしてしまったのであった。


決勝スタート直前のセレモニーには、このほかにもとんでもないハリウッドスターが集合…

この写真の中に5人もハリウッドスターが写り込むなんて、全く想像もしていなかった。
c0125105_22272891.jpg
c0125105_22274557.jpg
ブラッド・ピット、ジャッキー・チェン、キアヌ・リーブス、パトリック・デンプシー、それにジェイソン・ステイサム!!!

ル・マンならではの光景であった。


レースの結果は、周知の通りであるが、サーキットのみんながトヨタを称えていたのは間違いない。
来年こそ、本当に祝福される結果を望みたいし、それは可能だと信じている。
[PR]

by ohayontaro | 2016-07-03 22:31 | Comments(0)

鈴鹿には行っていない

スーパーフォーミュラ開幕戦が鈴鹿で行われているからと言って


小生は行っていない。



岡山のSGTは、サーキットの人間として仕事で行ったが



今回はそのニーズなく
東京で所用を済ませていたのである。

何の関係もないが

先週、都内でこんなクルマを観た。
c0125105_21241530.jpg


2年前に、ル・マンの公開車検で見てるので、初めてではないけど
街中を走っているのを見ると


スゲェ!


と思ってしまう。
c0125105_2126188.jpg



タダの自慢だが・・・
T社にも、こんなクルマが作れる日は来るのだろうか?
[PR]

by ohayontaro | 2016-04-25 21:26 | Comments(0)

WEC開幕表彰台、おめでとう

熊本・大分と、痛ましい地震災害に遭われた地域の方々に、お悔やみ申し上げます。
これ以上被害が拡大せず、一刻も早い復旧と、支援物資が行きわたることを願っています。

さて・・・・・・
シルバーストーンが終わった。
TS050は完全にル・マン狙いのクルマだろうから、超ローダウンフォース仕様がベース。
カナードやFrカウル形状でダウンフォースを稼ぐのには限界あり?
なので、朝起きて3位表彰台を目にした時は
「棚ボタだろうけど、よく頑張ってくれた、ありがとう&おめでとう!」というのが素直な感想。

6MJが精いっぱいのAudiにしてみれば、直線では8MJ勢には歯が立たないため、コーナーリングでタイムを稼がなければならず、ハイダウンフォースが基本仕様となるのは当然。
Porscheは、昨年の戦績から見て、これ以上直線加速と最高速を狙った「直線番長」よりも、ハイダウンフォース仕様を基本とし、ル・マンはハイダウンフォースをベースとしたロー・ドラッグ対応でイケると踏んだのかも?
でなければ、ローダウンフォース仕様を専用開発しているのか?

金(予算)は持ってるからな~・・・


いずれにしても、LMP1初参戦で、初表彰台3位獲得の可夢偉、おめでとう!

スパは、もう少しル・マン空力パッケージの特性に近いサーキットなので、連続表彰台が獲れれば、ル・マンへの期待もつながるというもの。


次は一貴に頑張って欲しいのである。
去年は雨の中、オールージュの先で追突して病院送りになっていたんだから、その分挽回しないとね!
[PR]

by ohayontaro | 2016-04-18 09:12 | Comments(0)

いよいよ開幕!

いよいよ開幕である。

先週末は、岡山でGTの開幕戦があり、小生も行ってきた。
GTAの計らいで行われた11の引退セレモニーにも立ち会えて、嬉しかった。
監督デビュー戦を表彰台で飾れると良かっただろうが、まあ、楽しみはまた取っておくと思えばイイか…

そして今週末は、WECの開幕戦がシルバーストーンで開催される。
毎年現地に行っていた身としては少々寂しいが、大幅戦力UPとなったTS050に期待したい。

開幕、と言えば春

なので、春となればいつも思い出すのが


春の旬の食材


春ならではの山菜の女王!


コシアブラ


実は昨年、バッタリ三茶の「天や」で見つけてから
東京でも手に入るのでは?
と、スーパーに行く際には目を皿のようにして注意していたのだが


今日!
めでたく!
下北沢のオオゼキで発見!

狂喜乱舞の末、葉が伸びたのと芽吹いたばかりのと、2種類買ってきた。
夫婦でキャッキャ言っているのを見て、

「これ、どうやって食べるんですか?」
と若い女性に尋ねられ、得意げに説明してあげたら
「じゃあ、ひとつ買ってみます」
と言ってお買い上げ!

あざーす!・・・と言っても店員じゃあるまいし、でも、自分のお気に入りを人にも知ってもらえるのはちょっと嬉しい気持ち。

c0125105_23175327.jpg
1パック500円近いのはちょっと高いと思うけど、欲しいんだから仕方ない。

c0125105_23122661.jpg
3パックご購入。
真ん中のは芽吹いたばかりのヤツで、天ぷらにするとこんな感じ。
c0125105_23131413.jpg


小生の結論としては、ちょっと葉っぱの形になったヤツの方が、
美味しい
c0125105_23164777.jpg

[PR]

by ohayontaro | 2016-04-12 23:18 | Comments(0)

久々の三茶探検

御殿場勤務となって、ちょうど2か月


東京と御殿場を行ったり来たりする生活にも、何とか慣れてきたところ


海の向こうではWECのテストやら、F1の新型発表やら
国内に目を移しても日産・ホンダのモータースポーツ体制発表があったり、
東京マラソンがあったりと、いろいろにぎやかになってきた。

んが!


もはや部外者となった小生が気を揉んでも仕方なく、ただただ行く末を見守るばかり


そんな月末であるが、久しぶりに三茶界隈で
これは!というお店を見つけたので記録しておく


何故か急にふぐ(特にてっちり鍋)が食べたくなった小生、三茶でふぐ料理を検索して見つけたのがこの
ととし
カミさんも「TVに出てたところじゃない?」ということで、予約が取れるかどうか心配したが、日曜の夜でもあり、大丈夫だった。

店は入ってすぐにカウンターが横に伸びている。
テーブルよりもカウンターの方が、料理を作っているところが観えるから、と、カウンターに座る。
生ビールの後出てきた 「つきだし」
c0125105_0315671.jpg
たこわさが美味かった!
その次、生牡蠣をちょうだいしたが、
c0125105_0381683.jpg
長崎産で身が厚く、これはウマイ牡蠣であった。あまりの美味しさに追加したら、お勧めされたので牡蠣天ぷらにしてもらったが、初めて食べる牡蠣の天ぷら、旨みが凝縮された感じで、味が濃厚!
c0125105_0393494.jpg

「フルーツトマトとずわい蟹のサラダ」は、胡麻ドレッシングが主張しすぎず、絶妙!
c0125105_041653.jpg

「のどぐろの塩焼」も
c0125105_0453870.jpg
びっくりするほど小さかったが、手ごろな価格で提供するため、まずノドグロを食べてもらうために小さいのを我慢して入れて入るとか・・・
金沢でも立派なのは市場で4,000~5,000円だったからなぁ。ま、しょうがないだろう。味は問題なし。
その後頼んだ 「とらふぐてっさ」
c0125105_0365879.jpg

「とらふぐのから揚げ」
c0125105_042151.jpg

「ふぐ鍋」とふぐが続いたが、
c0125105_0425110.jpg

いずれもぷりぷりのふぐがしっかりと味わえた!
最後のシメは雑炊で
c0125105_0433570.jpg

もう満腹!

後で食べログを見ると、テーブル席であまり良くない印象を持ったお客さんもいたようで、カウンターで正解であった。

値段?
ちょっと高めだけど、近場でふぐが食べられるんだから、たま~(!)には、良いと思う。
生ビール2杯、佐藤(黒)2杯と上記の料理で、およそ9,000円/人の贅沢をさせてもらった。
[PR]

by ohayontaro | 2016-02-29 00:49 | Comments(0)

もう1カ月

裾野に移り住んで、もう1カ月が経とうとしているが、何だか実感がない。
毎週末東京に帰っているからか、ちょっとした国内出張的感覚。

まだ仕事の様子もよくわからないから、前の部署ほど忙しくないのもそのせいかも。


毎日、美しい富士山を見ながら出社できるのが、いちばん気分が良い。

お昼に何を食べるか悩むのが、唯一の悩み?
[PR]

by ohayontaro | 2016-01-28 22:54 | Comments(0)