<   2008年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

休暇最後の日曜日=母の日

代々木のタイ・フェスティバルに行ってきた。
タイフード・フェスティバルではなく、「タイ・フェスティバル」であった。
タイ大使館が支援しているらしく、結構規模はデカイ。
今年で我が家としては行くのが2回目。懐かしのタイフード目当てに・・・。
入り口ゲートに、お世話になったタイのタクシーとトゥクトゥク(3輪車)が展示してある。
c0125105_199850.jpg「ああ、なっつかしいですねぇ」と思いきや、「足立ナンバー」にすっかり興ざめ。何だ、レプリカかいな。

ゲートはちゃんと作ってあったが、あいにくの雨の中、人出はそれほどでもないか・・・。
その後、トートマンプラーやパッタイを買って食べた。10年前の記憶が蘇る、懐かしいひと時。
だんだん雨が上がり、人も増えてきた頃に引き上げた。迷ったあげく、食べなかった500円のドリアン、やっぱ食べれば良かったかなぁ・・。c0125105_19164885.jpg
休暇最後の日曜日は、「母の日」でもあったが、ウチのセガレは、結局「ラ・テール」のケーキをカミさんに買ってきてくれた。「おかあさんありがとう」のメッセージ入りを見て、思わず涙ぐむカミさん。c0125105_19163640.jpg
長い休暇も、こうして終わるのであった。

明日から会社。休みすぎると仕事がホントに嫌になるのが困る。

by ohayontaro | 2008-05-11 19:19 | Comments(0)

雨の週末

昨日は雨で、どこにも出かけず、休養。
今日も雨降りだけど、三茶のクリニックと、代々木のタイフード・フェスティバルには出かける予定。
丸1日外に出かけないと、体がウズウズして精神不安定になりそう。


玄関にかけてある玉村豊男さんの絵ハガキ。いつか原画が欲しいなぁ。ヴィラデスト、また行きたいなぁ。c0125105_902490.jpg

by ohayontaro | 2008-05-11 09:01 | Comments(0)

ミラネシンの効果報告

先日、ミニバラを蝕むうどんこ病をやっつけるため、ミラネシンを使った。
その効果であるが・・・・・・・。

今のところ、グーである。あれだけ蕾とかが粉吹いていたが、ずいぶんと落ち着いてきて、花がポッポッと・・。おかげでこの数日の間に、花がいくつか咲いている。
c0125105_12523821.jpgc0125105_1253672.jpg

by ohayontaro | 2008-05-10 12:54 | Comments(0)

念願かなって、ヴィラデスト

長野の『ヴィラデスト』に行ってきた。
画家の玉村豊男さんのご自宅、兼農園である。
本社勤務の頃、名古屋のなじみの画廊「ギャラリータカミ」で初めて見た、素晴らしいパリの町並みの絵。欲しくてたまらなかったが、当時は15万円が工面できずあきらめて以来、ずっと頭に残っていた画家、玉村豊男さん。
フランス滞在の後、長野で農園を始められた、くらいしか存じ上げなかったが、シンガポール駐在の前に、たまたま見かけた三越のイベントでその農園での生活の素晴らしさを知り、「いつか行って見たい」と思い続けていた。
冬季は閉園となる上、夏のシーズン期間中の週末は大変な人気で予約は殆ど不可能。
で、今回の有給休暇(そう、実は7、8、9日と3連続年休を取ったのである)の目玉として、気合一発、予約と共にでかけたのである。
場所は長野県は東御(とうみ)市、和(かのう)というところ。ナビで検索して出かけたが、それらしいところは発見できず、電話で案内してもらうはめに・・・。
聞けば、電話番号の登録住所は違う地点を示すため、看板を頼りにした方が良いらしい。
あまりに文明の利器に依存していてはイカン、ということである。やっとの思いでたどり着いた、長年の夢の農園、ヴィラデスト。c0125105_8465698.jpg
想像してたより、はるかに大規模なものであった。麓から吹き上がってくる風の心地よさと、高原気候を生かした庭園・花壇のきれいなこと!c0125105_8481663.jpg
極めつけは、予約したカフェランチのおいしさ。c0125105_8485584.jpg
見た目の美しさ、盛り付けデザインの素晴らしさ!前菜のサラダは、農園のイメージを表現し、積み上げた干草とスコップ&バケツに突っ込んだスティック野菜。c0125105_8494579.jpgメインの地鶏の串焼きも、素材のおいしさを生かす、2種理の味付けと、雑穀リソットの絶妙なマッチング。カリカリっと、ちょっぴりスパイシーな鶏肉とリゾットの程よい粘り感が、長いまま添えてあるネギにキュッと締められている。
こんなにおいしい野菜やら、ソースを味わったのは、本当に久しぶりである。
外につないでおいたウチの爺犬フランキーの様子を見に行くと、いつの間にか玉村豊男さんご夫妻がカフェに来店中。おまけに、妹尾河童さんも来店。この農園の共同出資者の一人らしく、彼を迎えるため玉村夫妻も来ていた様子。
爺犬フランキーを連れて帰ろうとしたら、「おたくのブルちゃんでしたか?」なんて、玉村さんご夫妻に話しかけられてしまった。どうやら、爺さん、おとなしく外で待ってる間にご夫妻の目に止まったらしい。犬のおかげで玉村夫妻とお話までできてしまって、この時ばかりはラッキー・フランキーであった。
カメラを持ってれば、いっしょに写真を撮れたのになぁ。

by ohayontaro | 2008-05-10 12:28 | Comments(0)

ついにTV買い替え!

カミさんと結婚したときに買ったTV。
当時、田村正和が「東芝のバスーカでなくっちゃ!」とか言ってたCMのヤツ。
以来、海外駐在期間を除き、いつも我が家のリビングに、文字通りデーン!と居座っていた。
一度ビームの交換をし、17年間使い続けてきたが、さすがに昨年末あたりから調子が悪い。
このところ、朝一番でスイッチを入れても、「ジャー・・・・」と言っているだけで、出演者の話し声が殆ど聞こえない。映像も、雨降り状態で、スーパーの文字が読めない状態、と言えばわかるだろうか。
10分ほど時間がたつと、多少「見られる」ようにはなるのだが、ここらが潮時かと、若林陸橋のコジマに飛び込みで価格調査に。
6日のGW最終日までの特価ということで、ずいぶんお値打ち価格。
悩みはしたものの、結局アクオスの亀山モデルを、夏のボーナス一括払いで購入。
部屋の寸法制約上32インチにしたが、今日、業者に配達してもらって設置してもらうと、画面が「大きい」。
セガレも、「画面デカ!」と喜び、ようやく我が家も文化的な地デジ&ハイビジョン生活に仲間入りできた次第。

ところが、VHSのビデオデッキが壊れていることが判明。
次はHDD&VHSデッキを購入せねば。

いつ?

by ohayontaro | 2008-05-08 20:52 | Comments(0)

園芸の季節で・・・

気候が良くなってくると、毎年カミさん共々、ベランダ園芸に熱を上げ始める。
ウチには、越冬したミニバラがプランター4つを占領し、大輪バラも2鉢ある。加えてついこの前、またミニバラと(普通の)バラを得意の「島忠」で買ってしまった。見ると欲しくなるのである、二人とも。
で、鉢替えや肥料、剪定・消毒といった手入れ・面倒は全て小生が一手に引き受け、カミさんは基本的に鑑賞に徹している。あと、たまに水遣り。
次の花期を楽しみに買ってきたものの、まだつぼみがあり、咲いてはいるのでそれなりにキレイ。
c0125105_17445914.jpg
c0125105_17459100.jpg
我が家のベランダはにわかローズガーデンと化しており、甘い香りが漂っている。

夏は朝の水遣りが地獄だ。

by ohayontaro | 2008-05-07 17:46 | Comments(0)

ペットに鷹って、どうよ?!

西郷山公園は、ウチの爺さん犬の散歩にほど良いところ。
今回も、いつものようにグルリと一回りしようとしたら、見晴らし台の方に向かう通路の手すりに、何と鷹のような猛禽類が止まっている。
近くに人がいるので、「鷹匠か?こんな街中で?」

でも、間違いなく鷹である。ペットにしているのである。ハヤブサかと思ったが、それより少し大きい。聞くと、『ハリスホーク』だと言う。
何じゃそれ?聞いたことがあるような、でも和名がないなら輸入モノかい、と思いながら見てると、思い当たるのが『ノスリ』である。
c0125105_17363759.jpg


飼い主によると、迷い鳥で庭に飛んできて、とても人に慣れているので知り合いの野鳥の会会員に相談して買い始めたとのこと。餌は刻んだ鶏肉。食べてるものの元の姿を教えない限り、飛んでる野鳥なんて襲わないらしい。へぇ~~、そんなもんかい。
飼い主の後を飛んで付いて来るらしいが、そんなの銀座のホコ天で披露したら、一躍ヒーロー、大騒ぎ。TVに出るだろうな。ちょっと目立ちすぎで、恥ずかしいか。

因みに、ネットで調べてみたら、こういった猛禽類、最近は売ってるらしい。この『ハリスホーク』は、『モモアカノスリ』(ほら、やっぱノスリの仲間だった!)という南米産の鷹らしい。
30万円前後の値がついてて、イギリスから輸入したりしている。
「最近は、何でも売ってんねんなぁ~」と驚きながら、サイトを繰っていたら、何と、イヌワシとか、ヒメコンドルとか、ハクトウワシとかも扱っているらしい。
誰じゃ、そんなの飼いたい人って?!

by ohayontaro | 2008-05-07 17:37 | Comments(0)

園芸ネタ、まだあった

昨日のGTのホスピルームで使ったお花、2次利用で持ち帰ったが、とてもきれいで、まだまだ使える。
c0125105_10541375.jpg


ウチの花たちは?とふとベランダを見ると、バンマツリが咲いていい香りである。c0125105_10554868.jpg
アッサムもすごく良い匂い。c0125105_105558100.jpg
驚いたことに、昨年買ったラベンダーに花芽が出てきた!c0125105_1122291.jpg

買ってきて、花がすぐダメになって、鉢替えはしてやったものの、夏も冬も、ほとんどほったらかし。
水もやったりやらなかったりして、延命治療も施さないような状態だったのに、である。
エライ、ラベンダー!今度は花が終わったら、もう一回り大きな鉢に入れて、肥料もちゃんとあげて、来年もまた咲いてもらえるようにしよう。

by ohayontaro | 2008-05-05 11:02 | Comments(0)

待ってろ「うどんこ病」!

先週、ウーパールーパー用水槽を物置で探しているとき、出てきた「ミラネシン」剤。
バラのうどんこ病の薬である。
これまで島忠とかで売っているスプレー剤を使っていたが、あんなもん、発病してからでは全然効かん。

このミラネシン、1000倍水溶液にして噴霧するヤツで、前に1回使ったら、「効き過ぎた」記憶がある。
朝からこの水溶液を作り、専用霧吹きを準備して、「今に見ておれ、このうどんこ病め~!」と、完全戦闘モード。スーパーラップの立川祐路みたいになっておった。
さっそく噴霧。
c0125105_10513020.jpg

真っ白にカビが生えて粉をふいたようなミニバラ達が、きれいに治ってくれればいいが。

ひょっとすると、強すぎて枯れてしまったりして・・・。

by ohayontaro | 2008-05-05 10:51 | Comments(0)

スーパーGT 第3戦 富士500km!

金曜日の昼から富士入り。
今回はトヨタファンシートとホスピルーム同時実施で、準備が何かと大変。
のはずが、だんだん慣れてきたせいで、大して緊張感がなかった。

『特別性能調整』によって、我がSCは息を吹き返し、今回は「勝てるハズ」なので、ファンの期待にも応えられると思っていたら、2000席用意したファンシートは「完売」してしまった。
ちょうどトヨタチームのピット真正面がファンシートであり、トムス、クラフトのピット上がホスピルームなので、つまりはホスピルームからファンシートが真正面に見える。
c0125105_1017469.jpg

決勝日は朝から高速が大渋滞らしく、このせいであきらめたお客さんがいたのか、実際にはレース直前のグリッドウォークの時でも、ぎゅうぎゅう満席とはならなかったが、それにしてもすごい来場者数であった。(5万7千人とか!)
「激走!GT」のTVカメラに寿一と二人で表彰台独占宣言をしたが、さすがにタカタさんちの緑クルマが黙っていなかったため、ワンツーフィニッシュ(それも本当はたなぼた2位だったけど)にとどまった。小暮っち、龍ちゃん、3位オメレトウと、今のうちだけ「余裕をカマシ」たい。

ZENT祐路組が優勝し、ポイントランキングも一気に2位へ。(といってもザナヴィ本山君は2連勝してるので11点差!でトップだけど)
寿一組も準優勝でランキングは1点差の3位。ピーちゃんクラフトも5位入賞でランキング7位、トヨタ内3位。
久しぶりに表彰式を覗いて、片付けしてゆっくりめにサーキットを出たが、それでも大渋滞。
東名は足柄から横浜町田まで、なんだカンダで、シメテ38km、渋滞で繋がっておった。

GTの富士500kmは、走るドライバーも大変だけど、観る方はその前後で大変である。

by ohayontaro | 2008-05-05 10:42 | Comments(5)