<   2008年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

地獄の週末

先々週のTGDAイベントに続き、先週末も鈴鹿1000kmで、休みがつぶれた。
特にこの週末は、ファンシートやら、打合せやらで、歩き回り。
土曜は雨が降るわ、日曜は暑いわで、その中で立ちっぱなしは結構キツイ。
おまけに月曜は本社出張で、帰りは豪雨で遅れた新幹線。
気が付くと、左足薬指に豆ができて、痛い、イタイ。
これをかばって歩いていたら、筋肉痛になり、今日はとうとう股関節まで痛くなってきた。

なのに、今週末はまたイベントで大阪である。
また立ちっぱなし。
来週は1週間休みなので、「ま、我慢してやろう」と思うが、聞けば今週末の大阪は雨らしい。
ヒエー!今度のイベントは、なんばパークスで、屋外なのである。
地獄じゃ、地獄じゃ。

by ohayontaro | 2008-08-26 22:45 | Comments(0)

案の定

土曜はサザンで踊りまくり、日曜はTGDAイベントで1日中殆ど立ちっぱなし。
案の定、今日は足がだるくて敵わず。
思わず昼過ぎに会社を抜け出して整体に行った。
たった30分のメンテであるが、ずいぶん楽になった。
明日は本社出張で名古屋の方まで行かないと・・・。
新幹線は疲れるのでイヤだ。

あ、そうそう。寿一もサザンを観に行ってて、現場でも見かけたが、
聞いたところキャツはアリーナのAブロック最前列で観てたそうだ。

くそっ!

でも、昨日の打ち上げパーティーで、小生の誕生日祝いをしてくれたから許す。
以後、「サザンの場合は小生に一声かけるよう」、気をつけること!

by ohayontaro | 2008-08-18 21:42 | Comments(3)

サザン、満足でした

行ってきた。サザンの初日。
15:30会場18:00開演で、現地着16:30は早すぎるだろうと思ってでかけたが、
何の何の・・・。
小机の駅から徒歩7分の道のりは、人、人、ヒトで大渋滞。
7万人収容の日産スタジアムに、皆が押しかけているのである。
入り口近くのグッズショップは大変な行列で、
c0125105_1154614.jpg
17:00時点で「今から行列にお並びになると、開演に間に合わない恐れがあります。」とのアナウンスまで出ている。
c0125105_115241.jpg
写真で、真ん中に背中を向けている人達は、ショップの最後尾に向かう人。その向こうがショップ入り口に向かう人達。
一番手前の列は西ゲート入り口に向かう人達。

アリーナに到着。E14ブロックの最前列で、通路に面しており、前に人がいない。ラッキー!
c0125105_1174362.jpg

席から見えるステージはこれくらいなので、ま、何とか桑田サンの姿は見えるといったところ。

18:00ちょうどから始まったステージは、30年のお礼をたっぷりしてくれるという彼らの挨拶通り、
大変充実し、かつ「のれる」内容であった。
生で聴けて嬉しかったのが、お願いDJ、松田の子守唄、C調言葉にご用心、ラチェン通りのシスター、Oh!クラウディア、ミス・ブランニューデイ、ロックンロール・スーパーマン、ボディ・スペシャルⅡ、マンP☆のGスポット、エロティカ・セブン、いとしのエリー、TSUNAMI、涙のキッス、みんなのうた、HOTEL・PACIFIC、I AM YOUR SINGER・・・。とにかく、3時間半もの間、ひたすら歌い続けてくれるのである。
アンコールでは希望の轍と、勝手にシンドバッドでドッカ~ン!!最後はYaYa(あの時を忘れない)。
もちろん、30年間のシングルヒット全ては無理だけど、ファンを大切に組んである選曲と「歌いこみ」は感動モノであった。

定価8,500円のアリーナ、そのまま買えるファンクラブ会員は幸せである。それよりうんと高い値段で落札し、観に行った小生でも、幸せなのだから、間違いない。

by ohayontaro | 2008-08-17 01:36 | Comments(0)

いよいよ今夜

今夜、6時開演である。
サザン・オールスターズ「真夏の大感謝祭」
横浜の日産スタジアムに、セガレと二人で。
c0125105_8452971.jpg
アリーナ「Eの14ブロック」というのは、
前から真ん中、ちょい右寄りのところ。
それでもここで落札価格を言うのは憚られる
ような値段であった。
傷心のカミさんを残していくのがちょっと心配だが、
チケット入手後のフランキーの死は、いたしかたない。

明日はTGDAイベントで、お台場に8:30集合だが、
声は枯れ、体はクタクタ(というかヒザがガタガタ)
であることは間違いなかろう。

by ohayontaro | 2008-08-16 08:45 | Comments(0)

お盆

もう何年も、何十年も、お盆に帰省というものをしたことがない。
海外にいたときは別にしても、ちょうどこの時期は仕事が忙しい。
秋に向けてイベント企画を進めないと。
この時期は休んでどこに行っても、混んでいるし、料金もブッ高い。
割高で損するような気がするのでちょうど良い、というのは、
どこにも行けない者の負け惜しみであるが・・・。

反対に都内は空き空き状態。山手線もガーラガラ。
帰りの地下鉄も、ポイッと座れて・・。

快適な都心生活のひと時なのに、何故か虚しい寂しさも感じるのは、
犬の存在がなくなったことと、それ以上に、家に帰ると地下深く潜って
悲嘆にくれているようなカミさんのことが気がかりなためか。
彼女を一番心配するのはフランキーなのに。

しばらくはダメだなこりゃ。

by ohayontaro | 2008-08-14 07:51 | Comments(0)

いまどきの、犬のお葬式

お棺代わりのダンボール箱に、花に囲まれ入ったフランキーを、
病院に紹介してもらった府中のお寺まで運ぶ。

朝一番だったので、すぐに手続きが終わり、火葬へ。
読経の中、箱のフタをガムテープで止め、焼釜の中へ入れるときは、
さすがにウチのセガレまでもが涙を拭っていた。
カミさんは号泣状態であったのは言うまでもない。

体が大きいせいか、後から荼毘に臥された犬の方が、先に完了。
ほぼ1時間くらい待って、我が家の老犬も、「終わる」。

割ときれいに形が残っているもので、頭骨などは
生前によくクスリを塗ってやった眉間のカタチが、そのままである。
お骨拾いのあと、本堂で供養(読経)をしてもらうときには、
何を犬ごときに、と気恥ずかしくもあったが、
「今時の犬の葬式は、こんなもんか?」と思い直す。
何せ、このお寺はペット供養専門なのであるから。
(今回のも、全てパッケージ化されていた。しめて5万5千円)

お骨は全部壷に入れて持ち帰ったが、さて、ケッコウ大きなものである。
c0125105_12493813.jpg
これは、カミさんがロケットか何かに入れて持っていたいと言うので、
別に持ち帰った左上顎の犬歯と、指の骨3本。
c0125105_12495413.jpg


他には何も変わらない生活。
ただフランキーがいないだけであるが、昨日の夕方までとは
見える景色、感じるモノが全く異なる。

by ohayontaro | 2008-08-12 12:50 | Comments(1)

ありがとう、フランキー

今日、ウチのフランキーが逝った。

夕方、仕事の電話をしていると、携帯が鳴る。
見ればカミさんである。
出られないのでしばし放っておいたが、
かなりしつこく鳴らしているので ピンと来た。
折り返し電話すると、電話の向こうでカミさんが
泣き叫ぶ。「フランキー、死んじゃった!!」と。

今朝、目やにを取って目薬で洗眼してやっているときも、
へたり込まずに、おとなしくしていた。

先週末、府中の病院に行ってからの薬のせいか、
やや元気になって動き回るようになったと
感じていたのだが・・・。
今日も午前中、カミさんがオシッコを弦巻の病院まで
検査に持って行き、「数値は改善されている」と聞いてきたばかり。

それが、夕方突然、寝室の方に水を飲みに行き、
居間に戻って来たところで倒れこんだ。
その音で、横で洗濯物をたたんでいたカミさんが気が付いたが、

そのまま、逝ってしまった。
カミさんが名前を呼ぼうが体をさすろうが、
2度と目は開かなかったそうである。
あまりにあっけない。わずか数秒で逝ってしまうなんて。
c0125105_19144582.jpg

もう、あの独特のニオイも、サヨウナラである。
9年半、いつもそばにいてくれた犬。
どれだけ家族の支えになってくれていたかと思うと、
今にも起き出しそうなその死に顔に、感謝の念で
頬擦りせずにはいられなかった。
c0125105_19141988.jpg


病院の先生も、見送りの準備に再度来てくれ、お花をいただいた。
c0125105_21134468.jpg

ありがとう、フランキー。
明日はお葬式である。合掌。

by ohayontaro | 2008-08-11 19:15 | Comments(5)

やっぱり行きたいサザン

日産スタジアムで、サザンの「夏の大感謝祭」
16・17と23・24日の、計4回公演。
17日はお台場でTGDAイベントがあるし、
23・24日はスーパーGT鈴鹿1000kmレースなので、
行くとしても16日しかない。
ワンチャンスである。

チケットなんて、とっくに売り切れており、
オークションでファンクラブの連中が、「行けなくなったので・・・」
と、出品しているのが、とんでもない高値になっている。

アリーナの最前列A席の真ん中など、43万円で競り合っている!
スタンドは、1万円程度だけど、やっぱり、一度アリーナで観た
経験のある小生としては、「サザンはアリーナに限る」と思う。

でも、高い・・・。
でも、やっぱり行きたいなぁ。

by ohayontaro | 2008-08-09 22:04 | Comments(2)

ババフェロモン?

今日、カミさんと買い物に行って気になったことがある。

1ケ月ほど前、カミさんと町田のカルフールに行った時。
レジが終わって買ったものを袋に詰めていると、すぐ横に
どっかのオバサンが来て、小生の買い物カゴの横で
ガサゴソとやり始める。
ふと見ると、前後の買い物詰めテーブルは空いている。
「何でワザワザ狭いところに来るんだよ!?」と、
小生は鬱陶しさを隠せなかった。
カミさんも、「何で横が空いてるのに、わざわざ狭い所に
来るの?」と言ってたくらい。

そのあと、池尻大橋のオオゼキでも同様に、レジ後に
ババアの襲撃にあった。

今日、サミット野沢店でも同じ状況に・・・。
ちょっと買い物して、空いてる詰め込みテーブルを見たら・・・
どれも空いてる。
手前の空いてるテーブルをやり過ごし、窓際のテーブルまで
荷物を運んで詰めてると・・・。

横にどっかのババアが、ネギの飛び出た袋を、ネギの
先端をこっちに向けて、来た。
右隣に荷物を置いて、ガサガサ・・・。
「何だよ、この・・・」と、周りを見ると、
レジから近い、手前のテーブルは、右も左も、
空いてるではないか!!
何でわざわざ、他人が使っている狭いテーブルに来るんだよ!

ババアは、他人が使ってるテーブルに来たがるのか?
それは、ババア特有の習性か?
それとも、クヌギの木が樹液でカブトムシを呼ぶように、
小生が、ババアを寄せ集める、特殊な『ババアフェロモン』
でも出しているのか?
ひょっとして、会社でもババアとか、初対面やあまり親しくない
人でも、ババアにだけはウケが良い(若い女性には全く相手に
されない)のには、このババアフェロモンが効いているのか?

だとしたら、こんなの要らないから。

同じような経験をしてる人はいないものか、聞いてみたい。

by ohayontaro | 2008-08-09 21:13 | Comments(2)

フランキー診断結果

昨日は、朝から動物病院のはしご。
まず、弦巻のいつもの病院に行き、診断書をもらって、
それから府中の東京農工大 動物病院へ。

予約時間に行ったら、大して待ちもせず、診断。
レントゲン・エコーは、またやり直し。
1時間後に行ったら、福島先生という担当医が、丁寧に
説明してくれた。

悪いのは、心臓。
心房と心室を仕切っている弁の働きが悪くなり、血液が逆流
しているため、心室より心房が大きくなり、収縮も弱くなっている、とのこと。
この心臓の拡張により肝臓も圧迫され、かつ心臓から肺に出て行く
血液が少ないため、心臓に戻る静脈血が肝臓の中で滞留を起こして
肝臓が腫れあがっている。
(心臓の働きは下記で見ると動画でよくわかる。)
http://bunseiri.hp.infoseek.co.jp/heart.htm

人間で言う「心臓弁膜症」であるが、正式に
断定できる病名としては、
「僧帽弁閉鎖不全(左心房・左心室間)」
「三尖弁閉鎖不全(右心房・右心室間)」とのコト。

老犬に見られる病気で、クスリで症状緩和・進行抑制するしかなく、
一生つきあわなければ仕方ないらしい。

散歩の途中、急に立ち止まって歩くのを嫌がることが、5月頃から
あったが、てっきり関節のどこかか、足の裏が痛いのだろうと
思っていたが、心臓がアブって、苦しくて動けなかったらしい。

病名と治療薬をもらって、一安心。
症状は初期・中期・末期(重度)のうち、中期らしいが、
深刻な食事療法をするほどでもなく、投薬治療で様子を見るとのこと。

それにしても、年取ったなぁ、ジイさん。
c0125105_9512176.jpg

by ohayontaro | 2008-08-09 09:51 | Comments(2)