<   2008年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

六本木のスタジオにて

昼から六本木のスタジオでVTRの編集立会い。
こんな業界っぽい仕事も、たまにはあるのである。
スタジオに入り、ナレーターの方と挨拶し、
スクリプトをチェックして録音。
映像は事前に注文しており、効果音と併せて
かなり「許せる」感じにはなっていたが、
シャベリを入れて「イイ」感じになった。
全てデジタルでミキシングし、絵も音もシンクロするように
なっているのが凄い。
「スンゲエスピーカーだなぁ」と思っているうちに終了。
で、何のVTRかって?
イベントの告知映像。1分間。
週末のイベントで流すんだよ~ん。誰か見に来てね。

by ohayontaro | 2008-09-29 22:55 | Comments(0)

伝説のサザンケータイ!

先日、仕事仲間が応募してくれ、当選したサザンケータイ。
喜び勇んで買いに行ったら、当選者本人が一旦申し込み、名義変更でないと手に入らないこと、
おまけにいちばん安いパッケージでも最低で6万円ちょっとかかることが判明し、無念の涙を呑んだ
サザンケータイ。
今、何も不自由してないのに、サスガにそこまでして携帯を1台追加する気にはなれず、その好意に感謝しつつ購入?は断念。

当選した本人には、「オークションで売ったら?」なんて言って、そのまま20日間ほど過ぎた。
昨日、打合せの際に「これがサザンケータイです」と。
せっかく当選したのだし、取り敢えず本人が加入・購入し、転売を図るのだとか。
で、今日現物が店に届いたというわけ。それも、2人当選したので、2台!!
パッケージの箱には、湘南の空と海。烏帽子岩と江ノ島が側面についている。
c0125105_16275392.jpg

本体にはサザンのジャケット写真。
c0125105_1628576.jpg

本体裏面には、メンバーのサインが。
c0125105_16304146.jpg

現物をマジマジと見るにつけ、『良いなぁ~』と思ってしまうのは、オヤジ世代だけか?
やっぱり小生は買えないけど、27万人もの人が申し込んだ中の3000名の中の2台。
きっとどこかに、億万長者がいて高値で売れることと思う。
これを使っている人を見かけても、普通の人はきっと気がつかないだろうし、気がついた人は、超ラッキーで、幸せになれるぞよ。
そうそう、ずっと昔、黄色いワーゲンを見るとその日はラッキーになれる、とか言ってたな。

幻のサザンケータイ。伝説のサザンケータイ。
ウーン・・・・。

by ohayontaro | 2008-09-28 16:35 | Comments(0)

正真正銘の三茶探検隊

朝メシをどうするか?
朝マックはちょっとなぁと思ってグズグズしていたら、
10時20分ほどに。
朝マックは10時半で終わりなので、「どこで朝飯を食べようか」となり、
またグズグズ・・・。

天気も良いのでとにかく外へ出かけよう、ということになった。
歩き出してから「あっ、この前行きそびれたハンバーガー屋に行くか?」
ということで、そっちの方面へ・・・。
(結局ハンバーガーで良かったのである)
c0125105_1836366.jpg

『ベーカーバウンス』という名前の、知らない人は知らないが、知っている人は知っているという有名ハンバーガー屋さんである。柔軟材の入った洗濯石鹸のような名前であるが・・・。
この店、通りかかるといつも行列。特に若い男女がいちゃいちゃと列をなしているのを見るにつけ、
「ったく、たかがハンバーガーに並びおってこいつら!」と苦々しく思っていたものである。
その昔、西麻布にホブソンズというアイスクリーム屋ができた時、雨の中を30分立ち並んで買った自分のことはとうに忘れ、行列に時間をさける「若さ」を妬んでいたのが正直なところであるが。

お店に着いたのが11時32分で、ちょうど開店直後の来客が一巡したのか、たまたますぐに入れた。(もし客が並んでたら、また今日もパスして「このヒマ人どもめ」と負け惜しみを言うところであったろう。)
よくあるアメリカンダイナーを気取った雰囲気の店内は、ケッコウ狭い。仕入れの食材もそこらに置いたまま、まあ散らかった感じも拭えないが、寛大な小生は「まぁ良いではないか」と席につく。
が、一番奥のトイレの前しか空いていなかったので、入れ替わり立ち替わりトイレに人が出入りする。何とも落ち着かないし、時としてトイレ芳香剤のニオイも・・・。

注文から15分ほど待つと、作りたてのハンバーガーが出てきた。
c0125105_18365947.jpg
c0125105_18414684.jpg

デカイ。が、アメリカンビーフの赤身の美味しさを活かしたハンバーガーパティは、なかなかのモンである。値段もそれなりであるが、レタスやトマトなど、はさんだ野菜のシャキシャキ感もグー。
店を出るとき、「窮屈な席しかご用意できず、すみませんでした」と店員さんが一言。これが大変印象良かった!こういった一言が言えるかどうかで、店の印象はガラリと変わるもんで、カミさんは大変気に入った様子である。
12時15分、既に店の前には、お昼をここで、と言う人達の行列が。
c0125105_18401355.jpg

それから茶沢通り沿いに三茶駅に向かって歩く。
先日カミさんが入って「美味しかった」というそば屋『武屋』も混んでいる様子。
c0125105_1843457.jpg

今度小生もチャレンジしようっと。

c0125105_1845712.jpg

これは『川善』。1階は肉屋で、よくカミさんがセガレ用に豚トロを買う。2階はとんかつ屋である。
(ここのとんかつも、安くてうまいので、ランチの時間帯は混んでいる。)

ということで、今日は、久しぶりに三茶探検をした。ウン。
正真正銘の「三茶探検隊」である。

by ohayontaro | 2008-09-23 19:02 | Comments(2)

さわやかな休日

秋晴れのさわやかな休日である。

朝からプランター・鉢植えに水をやり、ひと段落。
この前から「生かしておいた」アゲハの幼虫が、「第四齢」に成長し、
取り付いていた山椒の幹に止まっている。
c0125105_1027596.jpg

最近、アゲハの幼虫も珍しくなったので、一匹だけ「飼って」やってる。
おかげで山椒の葉は葉軸だけ残して食べられてしまっているが、
どうせこの夏の暑さで日焼けしてしまった、食用には適さない古い葉なので構わない。
偉いことに、この幼虫、新芽は食べないでいる。
c0125105_10281126.jpg

それまで食べると次がなくなることを知っていて、葉っぱの成長まで待つつもりなのか?
自然の知恵を感じる。

by ohayontaro | 2008-09-23 10:35 | Comments(0)

「せわしない昨日」対「何もしない今日」

昨日東京ミッドタウンによった時、カミさんのお気に入りの店をのぞいた。
で、まんまと?ズボンを買った。(今の人はパンツというが、ちょっと抜けたオジサンはスラックス、ただのオヤジはズボン、という。)
店員(店長?)さんが、何となく芸能人っぽい、人当たりの柔らかな雰囲気。ウマく乗せられそうになった。というのも、スボンの試着時に履いたスリッポンが、妙に履き心地が良く、一言「ところでこのクツがまた良い感じだね」と言ったら、「ありがとうございます。それもウチのオリジナルなんですが、結構お値打ちでして、とってもお似合いですから是非パンツとご一緒にいかがですか?」
値段を見たら・・・何としても逃げ切ろうと決意した。

ズボンに合わせる白いシャツとか、シルクのセーターとか、ジャケットとか、全部「着るだけ着てみてください、是非」なんて言われて、試着してみると我ながら「カッコ良いジャン」なんて・・・。
帰りの道すがら、「六本木の客は、こうやってトータルコーディネートして買っていくのかな?」なんてカミさんと話しながら、「あんなんやったら、全部でシメテ20万円コースだよね」
とか「でも結局その方が楽だし、安上がりになるのかな?」なんて・・・。
次の土曜日、裾直しが出来上がるので取りに行くが、物だけ引き取って、ダッシュで帰ってこよう。

昨日は1日乗車券でせわしなく動き回ったが、一転して今日はウチに「おこもり」。
セガレは辰巳で水泳の競技会。カミさんはその応援。9時頃には我が家には小生一人。
小生のやること?昨日スボンを買う時に履いてみたスリッポンの「ウチにあるやつ」を思い出したので、それを修理に出すことくらい。

小生のスリッポン、一応フェラガモ(ちょっと自慢しておく)だが、先日右側のつま先がチャップリンの黄金狂時代?みたいにバックリはがれちゃった。それを直さないと。
出掛けにカミさんが置いてってくれた三茶の靴修理屋さんのポイントカード(今時は、こんなものまでポイント集めるらしい)が、テーブルの上にあるのを横目で見ながら、バラエティ番組を色々見てたら、12時に近いではないか!
イカン、三茶に出て行って、靴修理とついでに昼飯を、と思って外を見ると、雨がザーザー!
ゲッ!と思いベランダに飛び出し、洗濯物を取り込んで部屋干しに。エアコンを除湿運転にし、(結構家事をやるのである)外に行こうと着替えたが、どうも気が乗らない。

結局靴修理はパス。近所のセブンイレブンで、おにぎりとおでんとおつまみを買ってきて、昼間ッからワインを空けて酒盛り。
良い気分でHDDで録画したサザンやら何やら観てたら、いつの間にか居眠り。
カミさんの「これから帰る」電話で目が覚め、あっという間に今日が終わろうとしている。
何もしない1日。
帰宅したカミさんは、「ゆっくりできて良かったでしょう?」と言ってくれるが、やっぱり貧乏性の小生は無駄に時間を過ごしてしまったようで後ろ暗い気持ち。

ワイン飲んで居眠りしたせいか、ちょっと頭が痛い。ブー。

by ohayontaro | 2008-09-21 19:28 | Comments(0)

東京メトロ1日乗車券

やっと来た週末。

フェルメール展のタダ券があったので、「観に行こう」
上野まで行くのであるが、カミさんが「築地で海苔も買いたい」
「六本木でワインのイベントもやってる」と言うので、
1日券買った方が安上がりなんじゃない?となって、三茶から
東急乗り継ぎ分を含めた東京メトロ1日乗車券を買う。
一人840円。東京メトロの乗り継ぎ駅までの1往復分がついて、
東京メトロ1日乗り放題である。
普通に上野まで往復すると680円だが、築地にも行く予定だったので
絶対「得」なのである。

ケッコウ時間がかかる銀座線で上野に着き、上野公園を東京都美術館に向かって歩いていくと、
散歩中の2頭のブルドッグを発見!
母と息子の2頭で、「ゆず」(♀)
c0125105_20135842.jpg
と「しんのすけ」(♂)
c0125105_20141176.jpg
だって。
「しんのすけ」は、2歳で31㌔と、まぁ立派な体格!
何と、銀座のダンヒル路面店が開店する際、キャンペーンドッグを務めてたんだって!!
しばらくオーナーと話し込んで、フランキーのことも懐かしんだあと、フェルメール展へ。
意外と空いていたが、内容は正直言って「イマイチ」かな?
代表作(シャープのCFでも使われていた絵)が、確か都合で来日できなくなったせいか、
今ひとつ「これぞ!」というインパクトが無かった。

それから築地へ。場外市場の丸山海苔店で海苔を購入し、「築地すし大」で早めのランチ。
ここのすし屋は、いつも立ち寄る築地駐車場入り口近くのルパンというパン屋のオヤジに教えてもらったが、安くてウマイ。(このパン屋も美味しくて、我が家はファンである)

築地の後は銀座に移動。プランタンでちょっと買い物。
地階のワインショップがボルドー100選なんてやってるんで、ついつい試飲。
ジスクールのロゼなんて珍しいのを1本買ってしまった。

ワイン袋をぶら下げながら、今度は日比谷線で六本木へ。
東京ミッドタウンでピーロートというワイン販売会社が試飲会を実施中。(またワインの試飲である)
いろんな種類のワインをケッコウ飲んで、「ちょっと出来上がったかな?」と思えるくらいになったところで、ふと横の方に目をやると、何と!Panasonic TOYOTA Racing のドライバーオーバーオールが飾ってあるではないか!!
c0125105_20263737.jpg

聞けば、この会社もヤルノワインの代理店をやっているのだとか。
小生は見たことの無いボトルで、「TRULLI’S」とある。ボトルの裏にはヤルノの写真が入っている。
ヤルノワイン、輸入代理店は豊通さんだけではないってことね。
ヤルノ、なかなか手広く商売してるじゃない。

でも、ベルト部分にヤルノのネーム入りの、あのオーバーオール、どうやって手配つけたんだろう?(マネキンの左右に並んだ赤いラベルのボトルが、ヤルノワイン「TRULLI'S」)

by ohayontaro | 2008-09-20 20:31 | Comments(0)

またまた多忙の日々

バンコクの思い出は遥か遠く、クソ忙しい毎日。
先週末ももてぎへの出張。
10月初のイベントの準備で、何だかあれもこれもやらねば。
おかげで昨日は、帰宅途中で気持ち悪くなってしまう始末。
歩くのさえしんどく、帰宅と同時にホントにグッタリしてしまった。
家では救急車を呼ぶとかの大騒ぎになったが、どうやら
脱水症状?ストレス?
食事後、早寝をしようと席を立つが、足がもつれてセガレに
ベッドまで運ばれると、朝まで眠って、ようやく生き返る。
どうも、土日の外仕事がこたえたか?
それとも、昨日やってもらったカイロプラクティックの副作用?

by ohayontaro | 2008-09-17 21:15 | Comments(3)

チャリンコ決死隊

この1週間、特にバンコクにいた時は、「食い過ぎ」であり、いいかげん腹が苦しかった。
また、帰ってきても冷蔵庫の中には食材がなく、どこかに買出しに行かないといけない状態。
多少なりとも体を動かしたいが、ハードな運動は故障のもとでもあり、来週からまた激務?を控えた身としては「チャリ」が程よい運動ではないかと・・・。

で、考えたのは、「一の橋のNISSINまでチャリンコ(ママチャリ!)で肉を買出しに行くゾ作戦」。
これまで、池尻大橋→中目黒→代官山→恵比寿ガーデンプレイスまでは行ったことがある。
で、恵比寿から天現寺交差点を突っ切り、古川橋交差点を左折すれば、一の橋はもう目と鼻の先!?
おおっ!何と!さすれば美味しい宮内庁御用達のNISSINのお肉と安いワインが、運動不足解消と共に手に入るではないか!

早速カミさんに提案すると「はぁ?本気ィ?」と言われたが、「天気も良いことだし、出動」とあいなった。

中目黒あたりまではペダルワークも軽やかに、良い気分♪。
長い坂を上って恵比寿ガーデンプレイスにたどり着くと、あれ?自転車置き場がない。
実は、ここに自転車を置いて電車で麻布十番まで行き、そこから徒歩・・・を優先的に考えていたのだが。
と、何を思ったかカミさんが一言「もういい、行くよ!」

で、決まり。小生は、恵比寿の三越で涼みがてら、ちょいと休憩をしての一の橋遠征、と行きたかったが、カミさんにそう言われて「いや、休もうよ~」と弱音を吐くわけにもいかん。
そこから、始まったのである。だったら、代官山からまっすぐ天現寺を目指せば、恵比寿ガーデンプレイスに向かって余計な坂道を上らなくても良かったのだが・・・。

炎天下、死の行軍は続く。
何故か歩道に人が多く、あちこちで工事もやっていて走りにくい。
やっとNISSINに到着すると、3階のワイン売り場は何と涼しいことか!
安ワインを3本買い、2階で肉をしこたま買い入れて、保冷バッグに詰め込み、帰路へ。
三田の裏道へ出てすぐ、チラッとワインが並んでいるのが見える別の食材屋さんを見つけ、突入。
なんと、あのNISSINですら1本2,150円の「神の雫」にも載ったワイン『CASAMATTA』が1,590円という爆安!!アドレナリンの湧き出るのを感じながら?2本購入。
c0125105_208433.jpg

カミさんも塩と葡萄の缶詰をゲット。持ってきたバッグに収納しながら、カミさんの「チャリの醍醐味は、こういう店を見つけるところにあるのよ」と鼻息の荒いコメントに、ウンウンとうなずく。

保冷剤はあるものの、保冷バッグを気遣いながら、炎天下を一目散に帰る。
往路と違い、前の荷物カゴにこれを入れ、フロントheavyで走るので、操安性に若干の問題が出る。

池尻大橋あたりで、もう帰ってきたような安堵感にかられる。
家にたどり着いた時の、安心感、達成感は、格別であった。何てったって、最長不倒距離更新だもんね。

ンがっ!
このあと猛烈な喉の渇きに、水やらアイスやら、ミントティーやら白ワインやらを大量摂取したため、「運動」の意味は全くない・・・。
明日以降、猛烈な筋肉痛がやって来るのがコワイ。


またやるかって?
・・・・・・・もう2度とケッコウです。

by ohayontaro | 2008-09-07 20:10 | Comments(0)

タイで美味いもの

エンポリアムの隣にあるベンチャシリ公園。
昔はここにもよく遊びに来た。セガレとフランキーの両方が遊んでいた公園である。
この中央にある池には、いわゆるミドリガメが一杯繁殖しているが、ここにもフランキーの遺骨をちびっとだけ(ほんのひとかけら)、投げ入れてきた。
c0125105_21461275.jpg

芝生がきれいな公園である。
さて、この日の晩は、おきまりのタイスキに出かける。
コカ(COCA)である。
人によってはMKの方が好き、という向きもあるが、具の大きさ、充実度合いでいうと、やはりコカではないかと思う。
ホテルからスリウォンの本店には、徒歩圏内である事が嬉しい。
ここでしか食べられないコカエビ(エビの尻尾にすり身を詰め込んで揚げたもの)は、写真を撮るより早く食べてしまったので、アタマだけ写す。
c0125105_2151996.jpg

日本にもコカはあるが、このコカエビだけは、タイでないと食べられない。
後は、デカイ蟹を1匹注文して、まず鍋にこれを入れてもらう。
ダシが出るので・・・。
c0125105_2152170.jpg

つまみに頼んだのが、イイダコの甘辛煮、「プラームック・サワーン」。
c0125105_21522795.jpg

普段はまずないが、たまたまこのときは出してくれた。セガレの好物。

次の日も、タイメシ三昧。
まず、季節も終わりに近づいているドリアンを、アソークのロビンソンデパート地下のTOP'Sというスーパーで購入。丸ごとひとりでパクついた。
c0125105_21572846.jpg
家族はみな食べられない。フランキーは大好きであったが。
何で日本人はダメなんだろう。納豆みたいな臭いものを食べるくせに。
ドリアン、うまいんだけどなぁ・・・。

その日の晩飯は、ホテルのはす向かいにある『ソンブーン』でシーフードを。
実はここのトムヤムクンは絶品で、小生はタイで最も美味いと思うトムヤムクンのひとつである。
これに負けず劣らず美味いトムヤムクンは、シラチャーの海沿いにある「Sea Side」というレストランと、カンチャナブリのクワイ川の駅の袂にあるレストラン、くらいである。
写真?撮り忘れた・・・。
ソンブーンは、相変わらずクレジットカードが使えないので要注意。
儲けだしたのか、店が拡張されたが、外には昔同様に水槽が置かれ、トムヤムクン用の手長エビや大シャコ、モクズガニが大量に出番を待っていた。
c0125105_223132.jpg
c0125105_2235097.jpg

c0125105_2231836.jpg

だまされたと思って、この店に行ってみると良い。
昔、フレンチの鉄人坂井や石鍋名誉鉄人(古い!)が来ていたこともあり、安くて美味いのは保証書付きである。

by ohayontaro | 2008-09-06 22:06 | Comments(2)

なつかしの屋台メシ

さて、川遊びから市内に戻ってきて、昼には以前住んでいたスクンビット通りに。
エンポリアムというデパートの5階には、お気に入りのフードコートがある。
ソムタム
c0125105_16561369.jpg


小生は、アヒルのバーミーナム(タイラーメン)をセガレと1杯ずつ食べる。
c0125105_16574122.jpg


セガレとカミさんは、普通のバーミーナムで、ワンタンと焼き豚入りのヤツ。(写真撮りそびれた!)
つまりセガレはバーミーを2種類食べたわけね。
カミさんは、デザートに名前のわからないものを買ってきた。
かき氷に、好みの具?を入れてシロップをかけてもらうのだが、これがウマイ!
で、お代わりをしてパチリ。今度は、小生の覚えのある具も入れてもらった。
c0125105_1712798.jpg


あ、小生は、アヒルのバーミーを2杯食べたわ、ウン。
外を見ると、ちょっと向こうは凄い夕立。
c0125105_1755425.jpg
写真でも、雨が降っているのがわかるかな?(正面のビルの横に、雨が降っているのが写っている)

こんなに食べたので、何と260バーツも使ってしまった!
以前は200バーツもクーポンを買うと、余ってRefundしたものだが。
あ、タイだって、物価も上がってるワケね、ウン。

by ohayontaro | 2008-09-06 17:08 | Comments(0)