<   2013年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ルマン打上げ会

ルマンでお世話になった方々との、ちょっと遅めの打上げ会

いつものお店?下高井戸の「TONINO」

前菜の盛り合わせに始まって
c0125105_23274729.jpg

おいしいアスパラガスとハムのピザ
c0125105_2328783.jpg
そのアト、鴨と豚のグリル&トウモロコシで
c0125105_23283064.jpg

イカとタコとカニと何かをミンチ具材にした、シーフードパスタ
c0125105_23295469.jpg
とにかくバカウマ!
デザートにエスプレッソとアイスクリーム
c0125105_23301995.jpg


腹一杯になったみんなは、もちろん上機嫌。
c0125105_23344124.jpg
と言っても、顔が見えないけど・・・
身内には誰が誰だか、すっかりわかるけど・・・

by ohayontaro | 2013-07-22 23:35 | Comments(0)

息子帰る

昨日、ベルリン留学から息子が帰国した。

先進国ドイツとは言え、ベルリンはやはり何かと「東側」の歴史やら事情やら精神性を持つ特異な社会だったようで、そこらのドイツの都市よりも

悪いところは悪かったらしい。


ま、とにかく貧乏生活を耐えしのいで無事帰ってきたので、
ヨシヨシということで。
荷物もあったため、成田からのリムジンバス、渋谷で降りたところで迎えてやった。

早速お昼に寿司を・・・マークシティの美登利寿司へ。
c0125105_1854848.jpg
いつもの超特盛り¥2,100。とってもお得である。
小生も寿司を食うのは久しぶりであった。


そして夜は、予約してあった行きつけの「ワインバールTEPPEN」。
一日3食限定の黒毛和牛とフォアグラのソテーは予約済み・・・
c0125105_1901745.jpg


今日はセガレの帰還祝いに、とっておきのワインを持ち込んで・・・
c0125105_1911914.jpg

前もって抜栓しておいてもらったこともあって、おいしかった。
初めて飲んだジェンセン、ピノならではのすっきりさと柔らかい後味が良かった!

食べたのはいつものゼッポリーニに加えて、「おまかせサラダ」に
c0125105_1995681.jpg
マグロとナスのミルフィーユ
c0125105_19102892.jpg
それにヒラマサのカルパッチョ
c0125105_19112623.jpg
ムールとアサリ、白ハマグリの黒胡椒蒸し
c0125105_1911493.jpg


そして最後に黒毛和牛とフォアグラのソテー ロッシーニ風!
c0125105_191302.jpg
小生など、こんなコッテリはイカンのであるが、セガレはいたくお気に入り
和牛だけちょっと味見したら、めちゃ美味かった!

満腹になってカミさんとセガレは上機嫌!
「帰国のお祝いに・・・」とお店からもお勘定の時サービスしてもらったので、
小生もご機嫌になったのである。


さて、今日の選挙、自分が投票した候補者、党はどうだったかな?

by ohayontaro | 2013-07-21 19:19 | Comments(0)

半沢直樹 Doctors2 名もなき毒

最近始まったTVドラマ

面白そうなのを録画して、こういう休みに観ているが、この3本はそれぞれに面白そう。


「半沢直樹」。まぁとにかく、追い込まれて追い込まれて、
「どうなるんだろう?もうだめかもしれない!・・・」と
ハラハラさせて、最後にどんでん返しでバーン!と、痛快なしっぺ返しを
見せてくれる半沢。
溜まりに溜まったサラリーマンのストレスを一気に開放してくれるストーリー展開。
毎回、巻末に新しいストレスネタが出てくるけど、連続ドラマであるからには次に興味を持たせないとね。
それにしても堺雅人の下唇、巻き込みすぎのキライはあるけど、いわゆるカタルシスを
判り易く表現している点では
無くなってしまった「大岡越前」や「水戸黄門」と同じである。

このドラマで溜飲を下げる気持になる自分は、どこに不満を持っているのやら・・・
とりあえず、
やられたらやり返す。倍返しだ!
にはまりそう・・・。

「Doctors2」
これも主人公の相良医師(沢村一樹)は、さわやかな善良医師のようで、結構腹黒かったりする。
その意味では、「半沢直樹」と同じ、一種の「ダークヒーロー」である。
それにしても、高嶋政伸演じる森山 卓センセイ、無邪気で最高!悪役はバカだと憎めない。


「名もなき毒」
小泉孝太郎が演じる主人公には今のところ入れ込めないが、深キョンと国仲涼子が出ているので観ている。
原作が宮部みゆきなので、きっと面白くなると思うが・・・。


3本とも、オモシロイようで先が読めず、かつ、どこか屈折しているのが現代を反映していると思う。
しばらく、このドラマを観るのに忙しそうだ。

by ohayontaro | 2013-07-15 19:50 | Comments(0)

土曜 日帰り スピードウエイ

今日はスピードウエイでスーパーフォーミュラ




・・・は、自分が直接現場担当ではないのだが、
富士スピードウエイが10月のWEC6時間レースの
記者会見を、ドライバーを呼んで実施するというので
急遽 現場立会いで日帰り出張


「夕方4時40分からだから、ま、お昼過ぎで十分間に合うわな」
と、11時半過ぎにぼちぼちと出かけたら

『東名川崎で事故渋滞18km』・・・・・・!
じぇじぇじぇ~!
それを過ぎると今度は横浜青葉まで渋滞。
結局厚木を過ぎるまでなんだかんだとぐずぐず混んでいて、
御殿場に着くまで3時間かかった・・・


記者会見は予定通り、例のブリーフィングルームで実施。
c0125105_0111042.jpg


まずはル・マンで優勝したAudi#2のロイック
c0125105_0115434.jpg

ル・マン3連覇は逃したAudi#1のアンドレ
c0125105_0125377.jpg
(何となくつまんなさそうだな、オイ)
そして我らがTOYOTA#7は一貴
c0125105_0134234.jpg
んー、ま、ノリはいつもの感じかな?
富士への抱負を訪ねられ、ロイックから順に答え始めたが、
c0125105_0141886.jpg
途中でスマホの着信音が!
c0125105_0152918.jpg


誰や!?





c0125105_0161136.jpg
スミマセン、ボクです。
>って、アンドレ、姿勢変わってねえし。
c0125105_0165055.jpg
あ、一貴もオシボリでお顔拭いてるし・・・

c0125105_018427.jpg
アンドレは強気に抱負を語っていたし、タイトルのポイントが気になっている様子。

一貴も、まだできてないハイダウンフォース仕様のことはわからないので慎重に受け答え。
c0125105_01736100.jpg



最後に、ロイックにル・マン優勝のお祝い花束を渡し、記念撮影で終わり。
c0125105_0202078.jpg
c0125105_0204079.jpg


c0125105_020581.jpg



仕事終りでは東名が15km渋滞、と出ていたので、アウトレットを覗いて時間つぶし。
帰りは特に渋滞もなく、すんなりと東京に帰ってこられたので、ま、良かった、ヨカッタ。

by ohayontaro | 2013-07-14 00:25 | Comments(0)

サン・マロというところ

c0125105_23111939.jpg
カンカルからバスでサン・マロに戻り、駅前から西に向かって歩き出す。
見覚えのある道路が見えてくると、遠くに懐かしい景色が・・・
c0125105_23124164.jpg
炎天下の中、日陰に吹く涼しい風を頼りに、ひたすら歩くと、右手には大きな建物が・・・
c0125105_23135045.jpg
それを観ながら直進すると、城壁が見えてきた!
c0125105_23143854.jpg

c0125105_23145931.jpg
中に入って見る景色は、昔と同じ・・・!
c0125105_23154269.jpg
c0125105_2316249.jpg
街の中ほどにあるのは朝の魚市場。向こうにあるのが以前泊まったホテル。
c0125105_23165519.jpg


c0125105_23171919.jpg
c0125105_23174482.jpg
c0125105_23195552.jpg
日本料理はわかるが、金沢という店名が、どうして「かなざわし」という県庁所在地にまでなるのか、よくわからない・・・


ま、そんな店もあるサン・マロの街中。
海辺に面した城壁沿いの通りには、こんな素晴らしい景色の店も!
c0125105_23213148.jpg
c0125105_23215447.jpg

c0125105_23221566.jpg
c0125105_23224815.jpg

とにかく、素晴らしい晴天と砂浜の美しさは、何度訪れても見入ってしまう。
c0125105_23233157.jpg
c0125105_23243128.jpg
c0125105_2325196.jpg


最後に、ここの名物、カレー味のムールのワイン蒸しを食べた。
c0125105_23263997.jpg

もちろん、おいしかった!
c0125105_2327485.jpg
小生は、思う。

モンサンミッシェルに行くのであれば、是非サンマロに立ち寄ることをオススメする。
できれば1泊して、海の要塞の姿を堪能すべきである。

by ohayontaro | 2013-07-11 23:28 | Comments(0)

フランスの休日

3日間の暑い暑い名古屋出張が終わって、ぐったり・・・

東京に帰ってきても、何かボーっとしてる感じ。

ちょっと古新聞であるが、ルマンの出張中の休日で出かけた時のネタでもほじくり返してみる。


パリからル・マンに向かって更に先に進むと、TGVはレンヌという街に着く。
10年ほど前はここがターミナルで、モンサンミッシェルにもその街からバスで出かけたものだが、
今やTGVはサン・マロまで走っている!
なので、モンサンミッシェル(今や日本人が行きたがる世界遺産No1らしい)には
レンヌの先のブルターニュ何とかって駅で降りるか、サン・マロまで行って・・・という人が多いようだ。


で、TGV終点のサン・マロ。
c0125105_2238897.jpg
c0125105_2238368.jpg

初めて訪れたのは13年前?14年前?
今回は駅前のバス停で、「カンカル行き」のバスに乗り込んだ。
c0125105_22393226.jpg
c0125105_22394630.jpg
地域住民の生活の足として機能しているバスは、カンカルまで一人、たった1.25ユーロ。なのにこんなに快適なバス!
c0125105_2241632.jpg
対面シートに荷物を置いて、ルンルン060.gif
c0125105_22432671.jpg
c0125105_22434339.jpg


20分くらいで到着したカンカル
c0125105_22444100.jpg

これで2回目だが、前回はドタバタで名物の牡蠣を食べられず・・・
今回は


名物の牡蠣を食う!


その目的だけでやってきた。

c0125105_22443082.jpg
海岸端の通りを、前回訪問時の記憶のままに、灯台めざして突堤の先へ行くと・・・

c0125105_22453391.jpg
あったあった、牡蠣屋台!
c0125105_22461066.jpg
いちばん波打ち際に近い店のおばちゃんがいちばん愛想が良かったので、そこに決めた。


注文した牡蠣は、
c0125105_2247209.jpg

これを、養殖している浜の突堤に持って行って、持参した白ワインといっしょに!
牡蠣の殻は海にポイ!
プレートとレモンをお店に返せば良いのである。
c0125105_22494483.jpg

c0125105_224824.jpg
c0125105_225014.jpg
c0125105_22501759.jpg


c0125105_22503567.jpg
あ、これは物足りずにオカワリした分・・・

c0125105_22514278.jpg
浜から見上げれば、あの有名なメゾン・ド・ブリクールが見える・・・次は是非あそこに泊まって、三ツ星レストランだった味を賞味したい・・・
c0125105_22536100.jpg
c0125105_22532126.jpg
向こうの方には、モンサンミッシェルが見え・・・
c0125105_2254515.jpg
c0125105_22542865.jpg
c0125105_2255273.jpg
c0125105_225669.jpg

c0125105_22554451.jpg

海岸通りを眺めているだけで、十分リゾート気分が味わえる、美しい街である。



ということで、カンカルを後にしたら、次回はサン・マロの街を・・・

by ohayontaro | 2013-07-10 22:59 | Comments(0)

日本のセール

パリのSOLDESは小生が帰国便に乗った26日から始まったので、
向こうでは何もセール品はGETできず。


というわけではないが、帰国後にあちこちのショップから
セールの案内DMをもらっていたので、めったに出かけない新宿に・・・

小田急百貨店にも入っている「HACKETT」は、英国のブランド。
去年、パリのアウトレットのセールでジャケットを手に入れたが、
ずいぶんカッコよくて着易く、気に入ってたのがつきあいの始まり。
でも、セールでないととても買う気になれない価格なので、
「何かあれば・・・」というところ。


新宿駅の一角に、こんな立ち飲みコーナーが・・・
c0125105_103363.jpg
c0125105_10332487.jpg
マイナス2℃とあれば、興味もそそられる。

満員電車で結構暑い思いをしたので、早速昼間っから・・・
c0125105_10342123.jpg
うーん、冷えすぎかどうかもわからないのは、プラスチックのコップのせいか?
確かに冷たいが、スーパーDRYのウマさを活かしきれているかどうかは、
よくわからんかった。
これで一杯550円は、アンテナショップ?としては高いぞ、福山。  >彼はカンケイないか

小田急百貨店は、生意気盛りの20代の若者と、金持ちのジジババでごった返す伊勢丹のように、「息をするのも疲れる」ような混雑はないので、ゆっくり見られる。
売ってるものに、そんなに違いはないし、「伊勢丹で買った!」と
自慢するようなものは欲しい年ではない。
伊勢丹にしかないようなものを持ち歩く機会も、自慢する相手もいないので、我々老夫婦は小田急百貨店がお気に入り。
さて、せっかくハガキを送ってくれたHACKETTであるが、セール品になっているものはカラーデザイン的にもうひとつ。殆どがルマンにも出ていたアストンマーチン・レーシングのコラボウエアとかで、
LMP1に参戦しているチームメンバー(を自覚しているが・・・)としては、
Proチームにせよ、GTEクラスの他社チームウエアを金を出して買うだけの思い切りが・・・
  >半額になるなら別ですよ、ハイ。
第二弾セールは17日かららしいので、その時また来そう・・・


店内を一通り見回ったところで、紳士靴コーナーで発見!
c0125105_10485243.jpg

LOBB'Sのスニーカーである!
何ともいえないイエロのパッチレザーと、パーフォレーションの入った白いレザーに、紺/白のシューレース。
さり気なくイタリアンカラーのアクセントステッチに、嵌まってしまった!
c0125105_1049826.jpg


何か急に、スニーカーおたくになってしまったようで、妙な気分。
外に出て行く励みにはなるのである。
この前フランスで青いスニーカーを買ったばかりなのに
c0125105_10482958.jpg



そういえば、午前中、三茶の美容院に行く時、可夢偉にもらったキックボードで
行ったが、結構片足(左足)で体重を支え、片足(右足)で地面を蹴って進むのは体力を使う?
そのアト半日新宿を買い物で歩き回り、帰宅したら、左のふくらはぎ筋肉痛&左足の裏が
ジリジリ痛い・・・

by ohayontaro | 2013-07-07 10:56 | Comments(0)

ル・マン表彰式の後

c0125105_21552736.jpg
c0125105_21554363.jpg
c0125105_21555965.jpg
表彰式の後、#8のドライバー3人は、トロフィーをピットに持ち帰って・・・
c0125105_21565982.jpg

チームみんなで
『ご苦労さん!』
c0125105_21574738.jpg
c0125105_2157325.jpg
c0125105_21583633.jpg
やっぱり、みんなが賞賛したのは
c0125105_21584783.jpg
c0125105_2159344.jpg
ダメだと思ったのに、諦めなかったニコの根性!
男を上げたね、ニコ!
c0125105_21595837.jpg
一貴も、次、頑張ろう!
c0125105_2202465.jpg


c0125105_2203859.jpg
ジャッキー・イクスも、労いに来てくれたし。  あ、センセイ、ちょっと寝てるな・・・


サンパウロは、またイタダキだっ!

by ohayontaro | 2013-07-04 22:03 | Comments(0)

ルマンのパスいろいろ

小生はチームのメディア担当としてメディアパスをもらって出入りしていたが、基本的に「規制区域」への立ち入りが許されるプラスティックパスの表側は、同じデザイン。
c0125105_2237437.jpg

裏側に表記される数字によって、立ち入れる区域が異なる。
#4:サポートパドックといって、チームのケータリングテントが設営されているエリアに出入りできる。

#5:ワーキングパドックといって、ピット裏のチームパドックエリアへの立ち入りOK。チームメンバーもこれの場合が多い。

#6:主催者であるACOが、特別ゲストにのみ発行するオールマイティパス。これ持ってる人は超VIP!

#7:メディア申請して、許可が下りたメディア関係者に発給されるパス。#4や#5で入れるところは全てOK。また、これでないとメディアセンターには入れない。

#8:メディアの中でも、TV局の撮影スタッフに発給されるパス。ピットロードへの立ち入りOKだが、ヘルメットや難燃性スーツ着用が義務付けとなる。


ま、メディアの方々はどこでも入っていけるのだが、その場で受付し、出入自由となるプレス専用パスを出しているのがAUDI。
c0125105_22381558.jpg
立派なパスですな。さすが。
で、他のWEC戦では、チームホスピの中で自由に飲み食いができるように現場で登録してもらうと、その識別用にこんなピンバッジももらえるらしい。
c0125105_22401733.jpg
これはシルバーストーン戦でのものだけどね。

メディアの方々に対応するのにも、きちんとお金をかけている姿勢は、羨ましくもあり、見習いたくもあり・・・。
ウチの場合、今年はチームテントでの飲食OK識別用には、特製リストバンドを採用してた。

あ、サンプル写真?ありまへんが・・・小生はチームのメンバーなので、メディア用のリストバンドなど不要だったので。


パス関係で、おまけ。
ル・マン市内を走るトラムに乗る切符は、自販機で買えるこんな代物。
c0125105_22443348.jpg
24時間レースを記念して、それもウチのクルマをデザインに取り入れてくれているのはありがたいが




できれば去年の早い段階での写真でなく、今年のもの、いや、せめて青いカラーリングのを使っていただきたかった・・・

by ohayontaro | 2013-07-03 22:47 | Comments(0)