<   2013年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧

サンモトヤマのセール、あきたけけけ

昨日、有楽町のサンモトヤマのセールを覗きに有楽町東京フォーラムに行った。

収穫は特になく、「もうちょっとセールも飽きたな」と思いながら地上階に出たら、何やらイベントをやっているようで、大きな人形が目に入った。

泣く子はいねぇがぁ~!
c0125105_22544795.jpg


ということで飽きた、じゃない、秋田だなとはわかったが、何だろう?物産展?
「けけけ祭り」っていうんだって!



c0125105_22564540.jpg
倍返しだ!には笑えたが、そう、物産展だった。それにしても、秋田って、なかなか行けないもんな、遠くて・・・
新幹線もあるけど、やっぱり遠いイメージ
c0125105_22571113.jpg


でも、秋田小町とか言うだけあって、プロモーションやってうコは、うそみたいに美人ばっかり!016.gif
c0125105_22592027.jpg

特に、受付コーナーのこの2人!あまり見とれてピントも合わなかった・・・
c0125105_2301116.jpg
ほんと、カワイかったなぁ・・・


各温泉地の足湯コーナーとか、舞台とかも人だかりで大賑わい!
c0125105_231147.jpg
c0125105_2312783.jpg
c0125105_2314218.jpg



秋田、おいしいものもイッパイあるし、温泉もあるし

ちょっと行ってみたくなった。




カワイイ女の子もいるんだろうし・・・012.gif

by ohayontaro | 2013-09-29 23:05 | Comments(0)

バルセロナ⇒ドブロブニク⇒サンセバスチャン⇒サラゴサ おまけ

バルセロナで外せないのが市内ランブラス通りにあるサン・ジョセップ市場
c0125105_1930588.jpg
この場内にあるいくつかあるBAR、おそらくどこも美味しいのであろうが、去年の11月に来た店に今回もやって来た。大きなイカの丸焼きがうまそうなのでこれをたのんでみた。
c0125105_917840.jpg
何か中に詰めてあるんだろうな、何が入ってンのかな?まさかご飯じゃないよな?
なんてビール飲みながら思ってたら、
c0125105_12172371.jpg

キタキタキタキターッ!!
c0125105_937333.jpg



で、シャキーン、と切ってみたら


c0125105_9373546.jpg
何も入ってなかった・・・
ただ焼いただけ・・・でも、ニンニクも効いててバカうま!
c0125105_9361617.jpg
これは大きなエリンギみたいなキノコの炒め物。キノコはいつ食べてもうまいなと思う。
c0125105_9363983.jpg
これはシーフードのプレート。マテ貝やエビ、アサリにムールと、2人でちょうど良い感じ。

他にもスズキの塩焼きとかたのんで、腹一杯になったが、こういうものばっかり食ってると、痛風予防に尿酸値抑制薬がかかせませんな。
c0125105_937599.jpg


アガリのエスプレッソもいただき、
c0125105_9383484.jpg

カヴァをナミナミにサービスしてくれた兄ちゃんにお礼を言って、
c0125105_939183.jpg


イベリコハム屋に後ろ髪を引かれつつサンンジョセップを後にしたのであった。
c0125105_9393145.jpg




バルセロネータでは、ペスヴェラ・チリンギートにフラれた後、もうひとつ気になっていた店も探索。バルセロネータの地下鉄駅から浜辺に向う通りを歩いていって、このあたりを左に一本入ったところ。
c0125105_942391.jpg
『CANSOLE』(カンソーレ)この辺りのシーフードでイチバン、とのこと。
c0125105_9412026.jpg
c0125105_9413941.jpg
でも、店内はお客ゼロ。外にあったメニューを見ても、どれも結構お高いようで、さほど空腹でなかった小生は、今回はパス。


この時期、グァダループから輸入している平べったい桃。シンガポールでもUFO桃として売ってたやつで、ちょっと硬かったが、紛れもなく桃。美味かったな。
c0125105_9425916.jpg



あちこちでカワイイワンコもイッパイ見た。
c0125105_9435942.jpg
ドゴ・カナリアと思われるものやら、

c0125105_944189.jpg
サンセバスチャンのグレイハウンド

c0125105_9443730.jpg
ドブロブニクにもいた!ブルドッグ
c0125105_9445072.jpg
やっぱり尻を押し付けてくる・・・

c0125105_9451091.jpg
これはサラゴサで見かけたブル

c0125105_945325.jpg
聖母教会の広場で会った巨大なボクサーに

c0125105_9455189.jpg
その後やってきたアラスカンマラミュート
こういうの見てると、また犬を飼いたくなるな。
それも、デッカイヤツを・・・   住環境的にとても無理だけど・・・

by ohayontaro | 2013-09-29 12:36 | Comments(0)

サラゴサ  スペイン内陸の観光の穴場か!?

バルセロナからサンセバスチャンに向う途中、電車乗り継ぎの間に、荷物をホテルに預けるためだけに一旦立ち寄ったサラゴサ
c0125105_1150344.jpg



ちょうど週末にさしかかるところで、日曜はサンセバスチャン市内はお休みが多い一方、サラゴサは営業している店も多い(何の店かは知らんが)という情報。
既に旅程はサラゴサが土曜、サンセバスチャンが日曜となっていたところを入れ替え。
サンセンバスチャンへの電車乗り継ぎで3時間あったため、駅前のホテルに「チェックインは明日だけど、今日はもちょっと先へ行くので、荷物だけ預かって!」と頼んだ。
c0125105_11501247.jpg
ちょっと前に万博があったため、駅舎だけはやたらデカイ。

サンセバスチャンを昼過ぎに出て、夕方舞い戻ったサラゴサ。
ガイドブックにもたいして取扱がないため、殆ど期待してなかったのだが、カミさんが旧市街の方に行ってみようと言うので、バスを調べてでかけた。駅前のホテル近くから、52番のバスでまっすぐ。

c0125105_11554527.jpg
段々と夜の帳が下りる中、地図を睨みながら辿り着くと、そこは
c0125105_11573399.jpg


バルセロナともまた違う、ちょっとイスラム風な香りのする街
c0125105_11582544.jpg
c0125105_11585517.jpg
c0125105_1159754.jpg
c0125105_11592722.jpg
c0125105_11595228.jpg
ピラール聖母教会というのだそうだ。アラゴン王国時代の建築とかで、中にも入ったが(撮影禁止)、ステンドグラスは全くない代わりに、天蓋が二重三重になった荘厳な祭壇があって、ミサもやっていた。とにかく、こんなに美しい夜景を見たのは久しぶり。夜の市内見学、大アタリであった。


お腹も空いたのでレストランかBARを探したが、夜も更けていたので良いのが見つからず。
c0125105_1241530.jpg

こんな「SAKURA」なんて名の日本食屋もあったが、近づいて見ると
c0125105_1243673.jpg
『グリルした肉に特化した』・・・?・・・?特化した何が出てくるのだろう?
『新鮮なフルーツやチョコレートの液体』は食べないからイイのだが、グーグル直訳系翻訳メニューを堂々と掲げている時点で 引いてしまった・・・
結局この晩は、ハモンイベリコ・ベジョータをグラム買いして、ホテルでパンと赤ワインをいただいたとさ。
  >これがまた、めっちゃ美味かったんだけど・・・
そうそう、帰りのバスでは、バス停に、「あと何分で何番のバスが来るか?」表示が出てるのに感心した。日本よりよっぽど進んでるゼ!
c0125105_12105226.jpg
小生の乗る52番バスは、いちばん下に「あと8分」と表示とされている。

翌日は夜明けを見ながら活動開始。
c0125105_1212592.jpg
c0125105_12123583.jpg
日曜のせいか、バス停では結構、人が乗ってくる。昨夜と同じ旧市街に。その前に腹ごしらえ、と思ったら、大きな市場がトラムの停留所のすぐそばに。
c0125105_1238162.jpg
c0125105_12145897.jpg
c0125105_12373713.jpg
中には肉屋・果物屋・乾物屋・花屋・魚屋・・・
c0125105_12343928.jpg

肉屋では、生皮を剥いだ状態のマルっとウサギちゃんとか、ブタの「生首」(こっちでは耳を唐揚げにしたり、頭全部すりつぶして料理に使うらしいから)とかあって、ちょっと衝撃的!こっちが驚いてたら、店員が帽子かぶせたりメガネかけさせたりして「写真撮れ!」てなことを・・・
c0125105_12214815.jpg
このブタ、まだ目がついたままだったんだけど・・・
市場内に飲食店がなかったので、聖母教会前の広場に面したBARでひと休み。
c0125105_12351681.jpg
c0125105_12353589.jpg
c0125105_1235533.jpg
カウンターに見えたポテトがおいしそうで注文したら、2人分のコーヒー&クロワッサンと同じ値段してビックリしたが、ウマカッタ。

昼間の聖母教会はこんな感じ
c0125105_12391816.jpg
c0125105_123932100.jpg

脇にあるインフォメーションのある塔に上ると、良い眺めも楽しめた。
c0125105_12414480.jpg
c0125105_1242657.jpg

c0125105_12422472.jpg


c0125105_12425235.jpg
c0125105_12431021.jpg
c0125105_12432547.jpg
c0125105_1243415.jpg
c0125105_1244118.jpg
c0125105_12444935.jpg
とにかく、建物が興味深い。

お昼に入ったBAR『TEXAS』
c0125105_12494913.jpg
SEX SHOPのすぐ隣というのが何とも・・・・・・でも、食い物はどれも結構イケた!
c0125105_12452580.jpg
c0125105_12455961.jpg
c0125105_12463194.jpg
c0125105_12465079.jpg
このポテトのニンニクと何かのクリームがけは、オヤジのオススメだったのだが、不味くはないが、辛からず、甘からず、しょっぱからず、形容しがたい不思議な味だった。
c0125105_1247938.jpg
何で店名がテキサスなのか、全く英語を解さないオヤジだったのでわからずじまいだったが、人懐っこい人柄で写真もパチリ!
c0125105_12525453.jpg

新聞・雑誌などにも載った店らしいので、それなりの店だとは思う。
機会があればどうぞ・・・
c0125105_12533374.jpg


c0125105_1256328.jpg
c0125105_12564341.jpg
ゴヤの町、サラゴサ。治安も特に問題なく、ちょこちょこっと1日で観て回れる感じで、気に入ったな。

昼遅くのRENFEでバルセロナに戻る道すがら、外はこんな乾燥した景色・・・
c0125105_1257250.jpg
c0125105_12571167.jpg


この日の夜は最後のバルセロナ。
翌朝のフライトが早いからと空港近くのホテルに泊まったが、不便なところで30分に1本のシャトルバスで空港と往復しないと、タクシーでは30ユーロもとられる状態だった。
で、AERO BUSでカタルーニャ広場まで出かけたが、電話したらバルセロネータのペスヴェラ・チリンギートは予約で満席・・・・・・

しかたなくレイアール広場の『マリスコ・レイアール』に挑戦。
c0125105_1341517.jpg
屋内席は空いていたので、素材を選んで・・・
c0125105_1345380.jpg
c0125105_1352942.jpg

注文したのはオマールのグリル
c0125105_136317.jpg
にツナサラダ
c0125105_1363495.jpg
スズキのグリル
c0125105_1365821.jpg
それに、ここのオススメだというイカスミのパエリア
c0125105_137285.jpg
c0125105_1375224.jpg

これで満腹!白ワインもおいしかったし。
この後、さっさと空港までまたバスで戻り、シャトルに乗り換えて、ホテルに帰りましたとさ。
これで今回のバルセロナもオシマイ。

by ohayontaro | 2013-09-28 13:09 | Comments(0)

サンセバスチャンでBAR(バル)三昧

サンセバスチャンの夜
c0125105_21382262.jpg
c0125105_21384899.jpg
c0125105_213929.jpg
c0125105_21441817.jpg
c0125105_21444093.jpg
何故鼓笛隊パレードをやってたのか、翌日わかった。
c0125105_214545.jpg
c0125105_21451897.jpg
朝から海岸に人がどんどん集まって来るなと思ってたら、どうやらレガッタの大会があるらしい。それも都市対抗戦的な・・・
聞いたら女性チームの決勝が11時から、男性チームの部決勝が12時から、というので、街の中はレガッタ一色。
c0125105_21491928.jpg
ケーキ屋さんのショールームもレガッタで、えがったねぇ



・・・・・・



シカトして昼間からBARのはしご・・・
と言ってもまずは朝飯的なところで『OQUENDO』(オケンド)へ。
c0125105_21562268.jpg

c0125105_21515192.jpg
この店は、世界各国からセレブが集まるので有名とか。壁にはいっぱい写真が貼ってあった。
c0125105_21552933.jpg
c0125105_21555711.jpg
で、お昼はどこのBARで食べようかとなったが

やっぱりここに・・・

ゴイズ・アルギ・・・
c0125105_22231856.jpg
c0125105_22234056.jpg
c0125105_22241123.jpg
店のオヤジも、完全に我々の顔を覚えてくれた

「よっぽどウチの料理好きなんだな、この日本人・・・」
c0125105_22301084.jpg


このあと、ゴイズ・アルギに次いでランキング2位の『La Vina』(ラ・ヴィーナ)へ。
c0125105_22331622.jpg
c0125105_22364654.jpg
パエリアはフツウにおいしかった。
c0125105_2237146.jpg
タコは、昨日最初に入った店の方が好きかな・・・
c0125105_22373616.jpg
c0125105_2238279.jpg
イワシのフライは、柔らかくてグー。あの独特の臭みも全然なかったし。
c0125105_22382113.jpg


さらに、第3位の『LA CEPA』(ラ・セパ)
c0125105_2239334.jpg
c0125105_22395788.jpg
ムールをフライにしたもので、なかなかヨソでは食べられないかと思うが、ちゃんとムールの味がして、かつ、カリっとして香ばしい一品。
c0125105_22401558.jpg
但し、このイワシのニンニク炒めは、一皿まるっとの注文は余計だったな。これで12ユーロも取られたし・・・
c0125105_22411276.jpg
c0125105_19381959.jpg
c0125105_19383752.jpg

さすがに3軒ハシゴすると腹もイッパイ。旧市街の向こう側へ、川を渡って散策。
そこでもBARの名店『BERGARA』(ベルガーラ)を見つけたが、さすがにもうダメだった。
c0125105_2148538.jpg


他にも良さげなBARがあちこちにあったので、毎日お昼と夜で4~5軒制覇するとしても、
1週間は持つかな?
c0125105_2251796.jpg
c0125105_2251211.jpg

by ohayontaro | 2013-09-27 22:52 | Comments(0)

オースチンからタイムワープ、休暇旅行のスペイン振り返り続編~スペインの江ノ島、サンセバスチャン~

えーっと、クロアチアはドブロブニクに行ったとこまでは話をしたんだった。
このアトはまたバルセロナに戻り、それからサラゴサ経由でサン・セバスチャンへ。
スペイン駐在経験者に聞いたところ、サン・セバスチャンはこじんまりして景色も良いし、第一食い物が美味いんだ、と聞かされたので、急遽旅程をそれに合わせた次第。

バルセロナからは特急電車でほぼ5時間。
c0125105_0333218.jpg
普通なら飛行機だわな。
物の本で調べたら、人口の割にミシュランの三ツ星レストランがいちばん多い街とか・・・
出発前に人気のバルを調べておいて、GO!なのであった。

ちょうど着いた日は9月7日(土)の夕方。
c0125105_0334882.jpg

駅からホテルまで歩いて10分。チェックインの後、浜辺に向って繰り出すと
c0125105_0341581.jpg





c0125105_0344473.jpg
ほんと、江ノ島だわ、ここ・・・




c0125105_0345442.jpg
湾に沿って町並みが一望でき、旧市街周辺にショッピング通りとBARの通りがイッパイ。
c0125105_035759.jpg
c0125105_0353938.jpg
c0125105_0355173.jpg


c0125105_0373514.jpg
ちょっと何屋か気になる名前の店もあったが、店員は服着てた・・・   当たり前か

c0125105_036964.jpg
BARは、さっそく試しに、賑わっている一軒の店に入った。
c0125105_0402156.jpg
c0125105_041430.jpg
c0125105_0412978.jpg
c0125105_0414876.jpg
左はタコ2品。このタコ、柔らかかった、美味かった!右のはサーモンにエビ乗せカナッペ。サーモン、好きじゃないけどあの生臭さはなかったので普通に食べられた。
c0125105_042260.jpg
左はイベリコ豚とマッシュルームのタルトで、右はホタテのグラタンちゃん。これは普通だったな・・・

で、2軒目。
c0125105_0463360.jpg
ここのオヤジ、客に教えてもらったカタコトの日本語でやたらしゃべるのが、ちょっとウザイ。
c0125105_0473516.jpg
ムールも「?」で
c0125105_0475871.jpg
コロッケはやたら塩辛かった!   ボツ。   日本語しゃべるとか、きれいな日本語メニューある時点でやっぱアウトである。


で、いよいよ行った、今回のサン・セバスチャン大本命はここ、『ゴイズ・アルギ』
c0125105_0501742.jpg
グルメサイトでのサン・セバスチャン市内のバル ランキング第1位!
ちっさーい店内には、客がわんさか!ビールと一緒に頼んだ料理は
c0125105_0514034.jpg
イワシとツナのカナッペ(バカウマ!)
c0125105_0515895.jpg
エビの串焼き(激ウマ!)
c0125105_052181.jpg
タラのすり身をパプリカで包んだ何とか(柔らかく、不思議な美味さ!)
c0125105_0523954.jpg
デカマッシュルームのベーコン包み焼き(鬼ウマ!)
この店、夜になってからまた通りかかったら、
c0125105_1015.jpg
店に入りきれない客が外で立ち食い⇒それで通りが混雑!
オススメである。
c0125105_19361057.jpg
c0125105_19362652.jpg



BARネタ、もうちょっと続く・・・

by ohayontaro | 2013-09-27 01:01 | Comments(1)

WECオースチン振り返りと、おねえちゃんと、可夢偉と

倍返しは、そう簡単にはできないので、半沢のマネはしないように



という池井戸さんの言うとおり?オースチンでも、もうちょっとで勝てなかった。
c0125105_641442.jpg
c0125105_764175.jpg
c0125105_773810.jpg



ま、理由はコースの特異性に対するウチと向こうの対応の違いと、それに対するレギュレーション運用の問題、ということがわかっているので、「普通のサーキット」である富士はもっと勝機は高いということで・・・
c0125105_6444934.jpg



とは言っても萎えて帰ってきたのは、初アメリカのだだっ広さと食い物の「ドッサリ感」のせい・・・
c0125105_6524413.jpg
c0125105_6451221.jpg
c0125105_6454322.jpg
c0125105_6461335.jpg
観客も、少なかったしね・・・
帰ってからの時差ボケと、たまったままの仕事はいつものことなのでそれは大丈夫(笑)


それにしても、サーキット・オブ・ジ・アメリカという名をつけるだけあって、デカイサーキットだった。目立つのは高さ72mの展望台を持つこのタワー。
c0125105_6495891.jpg
c0125105_6502053.jpg

遠くからでもこれを目印に走ってくればサーキットに辿り着くってほど。夜はこんな星条旗ライトアップできれいだった。
c0125105_6511122.jpg


きれいと言えば、ヤンキー女性の存在感に圧倒されたな。
ここのグリッドガールなんて「どうなの?良いのこれ?」とか、
c0125105_6532024.jpg
c0125105_6534253.jpg
c0125105_78249.jpg
c0125105_65499.jpg
c0125105_6543270.jpg
表彰台のマスコットガールのなまめかしさは問題だ!とか
c0125105_6552123.jpg
c0125105_655411.jpg

FIA関係者?謎のアジア系美女に「誰だ?誰だ?グリッドガールよりあっちが良いぞ」とか言って・・・
c0125105_6563674.jpg
c0125105_657360.jpg
同行した爺さん達といっしょにはしゃいだり、目のやり場に困ったり・・・。
結構楽しいこともあったような


でも、オースチンもシカゴも空港免税店というものの「ショボさ」に呆れ、本当に何も土産品を買ってこなかった。こんな出張も初めてだった。
あ、可夢偉にも会った。
c0125105_7103381.jpg
元気だったけど
c0125105_7112996.jpg
何となく「覇気」がなかったかな・・・ちょっと心配・・・
c0125105_712118.jpg

富士でまた会おうね。

by ohayontaro | 2013-09-26 07:13 | Comments(0)

WEC オースチン決勝 なるか?!倍返し!

予選で追突され、ラップを重ねてタイムアップもできたのに、もったいないことした。
3番手グリッドからのスタートになってしまったが、ま、それも予想されたこと。
c0125105_057119.jpg


アンソニーに今朝、二人目の子(女の子)が生まれたことだし、これでアゲアゲで!
c0125105_058275.jpg


半沢も最終回無事終了したようで、ライバル2台の向こうを張って、勝って欲しい!
サンパウロのうっぷんもあるし、PP取られっ放しでもイカン。
ここで勝ち、富士でも優勝できれば
倍返しだっ!!
c0125105_0591590.jpg

by ohayontaro | 2013-09-23 00:59 | Comments(0)

WECオースチン予選日

昨日のフリー走行も、その前の公式テストも、雨ばっかり降ったが、
今日は朝から曇り。
c0125105_2394141.jpg
ちょっと晴れたりもして・・・



c0125105_2402297.jpg
メディアセンターの中は静かだけど冷房効き過ぎ!
なのでコーヒーとか、好きに飲めるのがありがたし。
c0125105_2422011.jpg



c0125105_2432256.jpg
パドック側、ピットビルはこんな感じ。
c0125105_2442530.jpg
ウチのピットはちょうど真ん中あたりで。

アメリカなので、ルマンのときのような機材設備は持ってこれないため、チームのみんなが詰めてる部屋もこんなの・・・
c0125105_2465672.jpg
鳩小屋みたいで、狭い・・・
いつものタイヤ爺さん(ホントはそんな年じゃないらしい)
c0125105_2475317.jpg



イベント広場には、こんなタワーができていて、
c0125105_248505.jpg
上に上がれる
c0125105_2492435.jpg
ので、上ってみた。


エレベーターで上がったところは2階・・・
c0125105_2523269.jpg


c0125105_2502369.jpg
見晴らし良いが、トロントのCNタワーで経験したのと同じような恐怖が・・・
c0125105_2512213.jpg

遠くに、オースチンのダウンタウンのビル群が見える
c0125105_2532892.jpg


今日はメディアとして入れてくれたのでタダだったけど、通常は$20取るんだって・・・

だだっ広い敷地を歩いてパドックエリアに帰還。チームケータリングに昼飯を食べに。


おっと、可夢偉だ。
c0125105_2551360.jpg

元気そうで何より。
ここでは、どのチームもみんなここでメシを食べる。
c0125105_257295.jpg

アンドレも、ロイックも、ブルーノも、ハイドフェルドも、みーんな一緒ってわけ。
c0125105_2572968.jpg
昨日、ちょっと遅れて来たら、チキンがなくなってたから、今日は早めに来てみた。

おいしくはないが、フルーツも充実してて腹一杯。メディアセンターに戻ると、ロビーでAudiがMeet the team(フリー取材時間)実施中。
c0125105_2592653.jpg
c0125105_302854.jpg


さてさて、もうすぐ予選が始まる・・・

by ohayontaro | 2013-09-22 03:00 | Comments(0)

割り込み~ WECオースチンの件

ヨーロッパ旅行の振り返り色々の途中、また海外出張なので、
WECオースチン6時間にやってきたということだけ割込みで・・・

出張できたのん、初めてやがな、アメリカ合衆国。
それも、西海岸でもニューヨークでもなく、いきなりの


「テキサス州オースチン」
c0125105_1373537.jpg





どこ?



どこ?

と、結局正確な地図上の場所を特定しないまま、シカゴ乗継ぎでやってきた。
なので、未だに自分でも
「ほえあ あむ あい すていいんぐ なう いん ざ ゆないてっどすていつ?」
という感じである。



ま、テキサス州の州都(舅ではない)らしいんで、空港もどえらい大きいし、
着いた途端に空港ロビーのカフェにはカントリー&ウエスタンの生演奏が響き渡って、雰囲気は出ていたな。


だだっ広い土獏のような平地を少し行くとダウンタウンがあって、そこだけ高層ビルが林立。
c0125105_138684.jpg

(あ、写真はカメラのコネクターを忘れたんで、帰国後に・・・)


ま、とにかく明日からのWEC「サーキット・オブ・ジ・アメリカズ」6時間(長すぎるやろ、名前!)では#8の面々始め、頑張って今季初の1勝をあげて欲しい。



デジカメのコネクタ忘れたの、致命的だな・・・008.gif
c0125105_139128.jpg

by ohayontaro | 2013-09-19 23:13 | Comments(0)

さて、ドブロブニク

話がちと後戻りしたが、ドブロブニクでの2泊の件
c0125105_22515556.jpg
c0125105_22522185.jpg
c0125105_22532275.jpg



結論だけ先に言うと、



カプリに行ったことがある人にはオススメしない
015.gif




小生がカプリに行ったのは2005年
既に8年も前のことであり、
c0125105_22372954.jpg
c0125105_22391225.jpg

現在は、青の洞窟が汚れて遊泳禁止になった
とか
水位が上がって青の洞窟の中に入れる確率が下がった
とか言われているが・・・
あの、リゾートとしてのまばゆいほどの明るさ
華やかさ(垢抜けた感じ)は、ドブロブニクには
ない

行くまでは
「『紅の豚』の舞台になったところ」とか、
「アドリア海の真珠」とか言われていたので、相当期待したが

①赤茶色のレンガ屋根の旧市街街並みも
c0125105_22541098.jpg

ふーん
って感じ。
悪くはない。悪くはないが、おそらくサントリーニ島の町並みほど衝撃的ではないだろうと思え、
カプリ島のアナカプリの街は、もっと明るく、エキゾチックだったという印象・・・
c0125105_22354471.jpg

また、こういう土地ならではの「独特の街並み」としては、アンダルシアのミハスの白い家々の方がもっと美しかったし、地中海っぽかった。
c0125105_2249749.jpg
c0125105_22495280.jpg
c0125105_225135.jpg


②城壁に囲まれた特別感(?)も
c0125105_22551667.jpg
c0125105_22563286.jpg

ふーん
城壁の街としての雰囲気は、既にサン・マロで経験済み。
c0125105_22304310.jpg



③海のきれいさも
c0125105_22561388.jpg

ふーん

という感じ。
c0125105_23122850.jpg
c0125105_23124742.jpg
岩場の遊泳場で泳ぎはしたが、陣取ったのが隅っこだったせいか、すごくオシッコ臭く(おそらく普段は岩場のはしっこで皆がオシッコしてるんだろう・・・)海面にも謎の泡が少々・・・

海沿いだからと期待したシーフードはと言うと、033.gifおいしいところは見つけられなかった・・・
3月にセガレが行った店にいったが、タコサラダもムールも「何コレ?」というレベルでガッカリ。
タコサラダは遠い昔に茹でたかたいものを薄くスライスし、オリーブオイル漬けにした感じで、ムールは貝がらの付着物を取りもせず、「ヒゲ」も取ってないものを塩辛いスープといっしょに出してきた。

晩飯は、期待せずに入ったパスタ屋も、ツユダクのポモドーロ(それも麺はコシのない『給食のスナック麺』)でもはや写真を撮る気にもなれず・・・

唯一食べられたのは、不思議なアジアンレストランで食べたタイ風料理。
c0125105_231127.jpg
c0125105_2312791.jpg

タイオリジナルではないが、なかなかおいしかった。店員は英語堪能で、サービス態度も非常に良い。でも、何もドブロブニクで食べなくても良い感じ・・・
行きたい人は、この写真に沿って試して欲しい。
c0125105_23284.jpg
c0125105_2323230.jpg
c0125105_2325368.jpg
c0125105_2331654.jpg
旧市街城壁の南東側の遊泳場に行く手前の路地にある。店の名前は、カップに書いてある・・・
c0125105_2334316.jpg


④観光に携わる人達の、接客業に不慣れな感じもブ、ブーッ!
旧東側の人だから?接客業に慣れていないようで、笑顔はない、ぶっきらぼう、時に高圧的な対応。
正直言って、「お客第一でしょ!」とハラが立ったことが1度や2度ではない。観光業の何たるかを、もっと勉強してほしい。
でないと、一見さんの需要一巡で終わるな、ここは・・・


ところが、スルジ山にロープウエイで登り、頂上で入ったカフェは、よほど気持が良かった。
c0125105_22585231.jpg
c0125105_2259980.jpg
c0125105_22593311.jpg

下から吹き上げる風にあたりながら飲むビールの美味さ!接客態度の良い、英語の堪能なスタッフと、素晴らしい眼下の景色は、多少割高なビールを補って余りあった。


アドリア海とか言っても、やはり
ラテンが作った料理でないとおいしくない
というのが、カミさんと話し合った我が家の結論である。
素材が良くても、それを活かす術を普通の料理人は知らないのでは?と思った次第。

いちばん印象に残ったのが、街の通路に敷き詰められた大理石が、ツルツルになってて太陽の照り返しがハンパなく、セガレに事前に聞いててサングラスを用意していなければ、目を開けてられなかったであろうということ。
c0125105_2371273.jpg
c0125105_2257374.jpg



さて、明日からオースチンに出張なので、またしばらくお休みである。
帰国後はWECと旅行の振り返りと、チャンポンになるかな?

by ohayontaro | 2013-09-17 23:07 | Comments(0)