<   2015年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ゴールデンウィークと無縁

水曜日にはスパに出発
何だかんだで、ゴールデンウィークと無縁の生活が、かれこれ12年以上経つ。
3年間は海外駐在だったこともあるが、その後帰任してからずっと。
国内モータースポーツ担当の頃はもちろん富士のGTで。
今は同じタイミングでWECスパがあるので…
どこに行っても混雑するから、連休中はがら空きの都内でのんびりしたいとは思うけどね。
この時期は、日本もヨーロッパもだいたい同じ気温
ただ、スパは雨が降るんだよなー
GWに海外旅行というリッチな家族連れとかを横目に見ながら、不機嫌そうな顔して飛行機に乗るオジサン、それは小生である。

さ、荷物でも詰め始めようと思ったら、持病の薬がなくなりそうなことに気づいて、クリニックに来たら

超満員!005.gif

GW前だもんなー

萎える…002.gif





by ohayontaro | 2015-04-26 10:21 | Comments(0)

WEC 2015年開幕戦 決勝結果

c0125105_553022.jpg
シルバーストーン6hが終わった。
c0125105_459351.jpg

やはりレース結果はAudiの優勝となった。
c0125105_4572274.jpg

c0125105_502893.jpg
ここはやはりダウンフォースが強い方が有利で、ハイダウンフォース仕様のAudiが速いのは当然といえば当然。
しかし、クルマの特性から予選は得意だろうけど、レースモードになると電池の熱劣化で遅くなるだろう、ポールポジションだけだろうと予想していたポルシェが、2位に入り、あれほどイケるとは!
リチウム電池の改良にも相当力(お金)を注いだとは聞いていたが、ポルシェ、あっぱれである。
ウチのクルマも、エンジンの燃焼効率も、ハイブリッドの回生効率も、空力効率も、史上最高というレベルまで手を入れ、昨年よりも大幅に速くなっているのだが…
やはり昨年のようにレギュレーション変更の恩恵を一身に受ける状況ではなくなり、ライバルも必死で対策を打ってきたということである。

ワークスによる世界選手権戦だもん、あったりまえだわな!
会社のメンツをかけた企業間技術戦争だから、リソーセスの投入を惜しまない。

シルバーストーンはウチにとって最も厳しい条件のサーキットでもあったので、次のスパではAudiがとんでもない空力仕様を持ち込まない限り、相対的には優位になるが…
c0125105_4595076.jpg



次戦で手ごわいのはポルシェである。
スパは高速コースで、どちらかと言うとルマンサーキットに近い。
おまけに標高差もあるので、ターボに有利…


今回のレース、6時間後の差がわずか8秒ほどという接戦であったが、こんな僅差の激戦が、今年はずっと続きそうである。
観てると面白いよ~!   >その分疲れるのも確かだけど
c0125105_57552.jpg


木下さんのサヨナラ試合、勝ちたかったなぁ…
レース終了直後のピットガレージ内はこんな感じ
c0125105_52074.jpg
c0125105_54643.jpg

by ohayontaro | 2015-04-13 05:08 | Comments(5)

WEC 2015年開幕戦 予選結果は…

やはりポルシェのフロントロウ独占、ということになった。

ま、予想はしていたが、オフシーズンを挟んで、わずか半年足らずの間にここまで戦闘力アップを果たすとは!改めてポルシェワークスの底力を見た気がする。

ポルシェの狙いはただひとつ
「ルマン24hでの優勝」
このため、空力は徹底したローダウンフォース仕様。これに8MJに出力UPしたハイブリッドモーターの直線加速でタイムを稼ぐ直線番長
おまけに、排気熱回生(ターボの排出熱でタービンを回して発電)リチウム電池に蓄電するので、加速中も充電OK。
わかりやすく言うと、大きなバッテリーにエンジンで常時ちょろちょろと充電している感じ。
⇒コーナーのくねくねが多くなく、直線が長いコースでドライ路面が好き053.gif

一方Audiは、昨年の失敗?を猛省し、一気に空力性能を上げてきたようだ。
ハイブリッドモーターの性能も4MJにあげてきたが、所詮加速の「足し」としては他社と比べ相対的に弱い。エネルギー回生も減速時のみに限られる上、フライホイールによるエネルギー保存は、効率面で不利。
わかりやすく言うと、減速時にちょこっと発電してちょこっと電気を蓄え、ちょこっと加速の足しにする感じ。
クルマ全体としてはコーナーのグリップを重視するハイダウンフォース仕様に、ハイブリッドモーターでの加速時は四輪駆動となる点で雨天時には、より有利。
⇒くにゃくにゃ曲がったコースで、路面が濡れてれば最高

トヨタはと言うと、これもルマンに照準を当てたローダウンフォース仕様が基本で、備わるハイブリッドは、純粋な4輪キネティック回生&4輪力行。これも雨天時はトラクションで有利。
わかりやすく言うと、減速時にドバっと発電して蓄電し、次の加速でドバっと使い切るのを繰り返す感じ。
⇒高速コーナーが連続するよりは、直線+ヘアピンの組み合わせのような、ハードブレーキング箇所が多いコースがうれしいワケ。

c0125105_71699.jpg


さて、今日のシルバーストーン、昨日とは打って変わって朝から雨。
このサーキットは、あまり急減速ポイントのない、テクニカルコーナーのサーキット。ハイダウンフォース向きのコースである。

ヘビーウエットの3回目のプラクティス、コース上で一番時計はアンドレのAudi。⇒ハイダウンフォース+4駆のメリットね、と納得。
c0125105_654239.jpg


予選前から晴れて、路面は完全ドライ。⇒タイヤグリップでイケる、直線加速のポルシェが俄然有利。

トヨタは、Audiほどハイダウンフォースでなく、また、このサーキットでは急減速できないのでキャパシタの蓄電をフル活用できず。
c0125105_6545372.jpg

おまけに標高と低気圧の関係で気圧が低かったため、去年のサンパウロ(高地)と同様、自然吸気エンジンの馬力は確実にダウン。一方のポルシェとAudiは、ターボ過給しているので気圧の影響は殆どなし。
なので、この予選、トヨタはクルマの空力性能とバランスだけで戦ったようなもの。
コースイン前にバッテリーをフル充電しておけば、立ち上がりで使い切った電池も、直線でまた充電できるので、直線だけで2段階加速が可能なポルシェは予選向き。   >レースが始まると、電池はそんなに大量の電気エネルギーを瞬時に蓄えられないので、理論上はペースが徐々に落ちるハズ。
だから、「ポルシェは予選の一発は速いけど、あれはレースモードでは維持できないよね」ということになる。

c0125105_6583034.jpg

さて、明日は決勝。
天気は、一部に雨が予想されているので、タイヤの使い方も極めて重要だが、ポルシェのポール・トゥ・ウインはそんなに簡単なものではなさそうと言える。
ハイブリッドモーターの強力さで有利なトヨタと、空力で有利なAudiと、どちらがポルシェに絡んでいくのか、見ものである。


相当白熱した面白いレースになることは間違いなさそう
c0125105_6562547.jpg

by ohayontaro | 2015-04-12 07:02 | Comments(3)

WEC 2015年開幕戦シルバーストーン プラクティス

ポールリカールの新車発表会のこともろくに書かないでいたら、あっという間に開幕戦になってしまった。

c0125105_7552012.jpg
今日はプラクティス・デー
明日と合わせて3回あるフリー走行のうち、2回が今日実施された。

いつもこの時期のシルバーストーンは、どんよりと曇って風が冷たく、時折雨が降る…そんなイメージだったが、今日は珍しく?晴れて暖かく、穏やかな感じの1日だったのである。

さて、今年の勢力図は、というと…



ヤバイヤバイ、えらいこっちゃ!何か、ライバルが速いんでねぇの?というのはポールリカールでも感じてたところ。

別に三味線弾いてたわけじゃなくて、クルマのセッティングの違いはあったので、一発の速さという点ではポールリカールではポルシェが速かったし。
c0125105_7581450.jpg

今年はポルシェは6→8MJにハイブリッドパワーを上げてきたし、速くなってくれないと面白くないわな、まぁ、ウチもそこそこいけるだろうと思ってたら



Audi、速いじゃん!
Audiも今年、2→4MJにモーターの性能向上をしてきた。
でも、フライホイールハイブリッドで4MJにしても、どうなんだろうな、なんて思いもあったが

このシルバーストーンは、ハイダウンフォース仕様が適しているコース。
今年のAudiは、昨年みたいにエアロで失敗しねぇぞ!という気迫で、さらにダウンフォース志向だから、ここで速いのは当たり前っちゃ当たり前?
でも、軒並み3秒/ラップくらい去年より速くなっててビックリ!


ポルシェはルマン狙いのローダウンフォースだけど、強力HVモーターとターボの優位点を生かしてポールも狙っているし…

さてさて、明日の予選結果はどうなることやら。

ま、ポルシェのシステムは直線でもチャージできるし、フル充電+HVで2段ロケット加速ができるから、予選だけは俄然有利。
ポールはポルシェに持っていかれるだろうか?
Audiも気が抜けないな

でも、レースペースになると、長丁場で一番効くのは本来のエネルギー効率なので、じわじわとウチが追い詰めていくことになるか…どうかは日曜日にわかる


ル・マン参戦30年目の今年、幸先良いスタートが切れれば良いなぁ…
スポンサーも、ちょっと新しいところがついてくれたりしてるし…
c0125105_757811.jpg


やはりWECともなると、これはもう自動車メーカー間の「国際間戦争」であり

技術開発と、メーカーの威信がかかってくるから、甘いもんじゃないのは当たり前



まずは予選が気になるが

決戦は日曜日である。

by ohayontaro | 2015-04-11 08:02 | Comments(0)