<   2015年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ル・マンから1週間・・・

ちょうど1週間が経った。

あまりの完敗に打ちひしがれて、グーの音も出ないから更新していなかった

わけではなく、    (ちょっとはそれもあるか?)
時差ボケで毎晩眠れぬ夜が続いてかなりマイッテいたのである。

今日も年休を取り、3連休になったので、何とかこの間にリカバリーしようと考えたのであるが、何とか眠れたのはようやく昨夜。

今日会社に出かけていたら、かなりまだしんどかっただろう。



さて、レースの結果を含めて今さらどーのこーのと言ってみても仕方ない。
2年目にしてトップコンテンダーに完全復帰したポルシェの凄さにただただ感服し、これを称え、祝福したい。

本当にスゴイです。
あっぱれです。
おめでとうございます!


今年の残るレースも、やられまくる覚悟であるが、頑張るしかないのであるな、ウン。

今年は現地でFORDのGT40によるル・マン復帰を発表したこともあり、サーキット会場内には「ザ・対決(というか、決闘!)」と題されたフェラーリとフォードの因縁の対決50周年を記念した特別展示が催された。
c0125105_17485358.jpg

(ちょうどトヨタのPRブースの隣)
各年の対決図式を、実車で表現するこの展示は、やはり
うわ~っ!016.gif
という感じになってしまう。
c0125105_17454499.jpg
c0125105_1746179.jpg
c0125105_17462033.jpg

どれもが素晴らしいコンディションで、土曜日の午前中にはコースでデモランをしたのであるから、往年のファンを中心に、観客はタマラナイ!
c0125105_17464343.jpg
c0125105_17465461.jpg
c0125105_1747435.jpg
c0125105_17471478.jpg

すごいのは、展示会場に横付けされたこのダブルデッカーのようなトラックも、往年のモノがバリバリ現役で仕事している、というところ。
c0125105_1744568.jpg

やはり文化と伝統、歴史の違いを思い知らされた。

日本も、日本車も、頑張らないと!
[PR]

by ohayontaro | 2015-06-22 17:50 | Comments(0)

メチャ忙しくて

公開車検の月曜日から、メチャクチャ忙しくなったので、ブログあげてるヒマがありまへん。
なのでちょっとした小ネタだけ。
マイク(コンウェイ)のメットって、良く見たらジェットヘルメットのカラリングになってるんだ。全体にマット仕上げで、ゴーグルが描いてあるだけじゃなく、後ろは口元に巻いた埃よけのバンダナの結び目と、その下からうなじの毛が出ているところまで描いてある!すごいこだわり!
c0125105_06431461.jpg
c0125105_06441085.jpg

[PR]

by ohayontaro | 2015-06-11 06:34 | Comments(0)

ル・マンテストデー 小ネタとか…

テストデーは、とにかく天気がコロコロ変わるので、タイヤ選定と切替タイミングの見極めには非常に役立ったようである。
トヨタ遅いじゃねえかって?




はい、否定しませんよ。
こっちだって去年よりラップ2秒速くなっているんだけど、ライバルがもっともっと速くなってきた、ということで。
真剣度合いはヒケをとってないけど、敵さんの金のかけようは半端ないと聞いているからね。
そこを今更どうこう言っても仕方ないけど


パワーアップしたり、新機構を追加して速くなっているということは、どこかに無理が出たりするのが世の常。
その潰しこみができていないとリスクは大きいから、生き残りゲームではどうなるか?
今年のル・マンは面白いと思うな、ウン。


ところで、テストデーの集合写真撮影時に、ツラツラ見てたら気がついたものがいくつかあるので、ここにとどめておく。

①Audi Porsche Toyota 3車のフロントスクリーン形状
3台が並んで初めてよくわかったが、
Audiは、意外にルーフが平たく、フロントスクリーンも立ち気味
c0125105_0491098.jpg


Porscheは、ルーフが丸く、狭く、それなりに傾斜がきいてるフロントスクリーンとつながりが自然
c0125105_0493993.jpg


Toyotaは、ルーフは平たさも、幅も、フロントスクリーンの傾斜も、AとPの中間くらい。
c0125105_050839.jpg


こんなところにも、何か車両の特性との相関関係があるようで面白い。


①Audi Porsche Toyota 3車のミラー形状

Porscheは、とにかくデカイ。いかにも後方が良く見えそう。位置は高い。
c0125105_0504654.jpg


Toyotaは、普通サイズで位置も中くらいの高さ。

Audiは



c0125105_0422224.jpg



無くなっちゃった…








わけじゃなくて、フェンダーカウル内臓タイプになったのである。
c0125105_048241.jpg

(後ろからの写真、撮り忘れた!)
でも、この高さで後方見えるのかな~?   アンドレに今度聞いてみよっ!



あー・・・・・・・
日産ね・・・・・・
やはり異様なプロポーションだったな。
c0125105_141758.jpg

FFだから、前が長~んがっ!
c0125105_134476.jpg

ミラーの位置もキャビン後方の形状も、独特。
c0125105_15479.jpg
c0125105_153544.jpg

リアなんか、覗き込んだ人が言ってたけど、


ホントに前が見える…!!!
そりゃぁ風通しは良いこったろうな、なんて思ってたら、最高速はホントにイチバンだった!
コーナリングが苦手のようで、全体のラップタイムとしてはLMP1グループより20~25秒落ち
 ってとこだったが。   >ダウンフォースも忘れないでね!
LMP2の方がラップで速いというのがちょっとまずいんではないかと…
同じ日本車同士、頑張りたいところではあるが。


おまけ


コース脇のコンクリートウォール、所々に穴があいてる。
c0125105_194549.jpg



緊急時とか、コース上に入った人が容易に外へ出られるように「足場」にしてあるんだな。





富士スピードウエイにもあったっけかねな?
これも今度聞いてみよう。
これはアンドレじゃなくて、新社長に。
[PR]

by ohayontaro | 2015-06-03 01:12 | Comments(2)